MORNINGSTAR
ポートフォリオ

活用術〜新ポートフォリオの活用(2)
活用術〜新ポートフォリオの活用(3)

活用術〜新ポートフォリオの活用(1)

 モーニングスターのホームページでは、自分の持っているファンドを登録しそのファンドの運用成果などを一覧で管理できる機能があります。これを「ポートフォリオ」といいます。
 モーニングスターでは、ポートフォリオを無料で提供しています。今回から3 回にわたって「新ポートフォリオ」を説明をしましょう。
 モーニングスターのホームページ(http://www.morningstar.co.jp/)にアクセスし、〔ポートフォリオ〕タブをクリックします。(画面
 ユーザID とパスワードを入力してログインをクリックします。まだ、ユーザ登録が済んでいない場 合は〔新規登録はこちら〕からユーザ登録を行なってください。(画面



 最初に表示されるのは〔ポートフォリオ1〕です。ポートフォリオ1 に登録した銘柄に対して〔基本情報〕、〔パフォーマンス〕、〔損益グラフ〕、〔銘柄情報〕、〔マイビュー〕、〔エクスポート〕を見ることができます。ポートフォリオの切り替えは〔表示項目〕に出ているポートフォリオを切り替えてください。

〔基本情報〕 登録した銘柄の時価を見ることができます。
〔パフォーマンス〕 登録した銘柄の購入時からの損益を見ることができます。
〔損益グラフ〕 ポートフォリオの資金の増減をグラフで見ることができます。
〔銘柄情報〕 登録した銘柄の1年、3年、5年のパフォーマンスを見ることができます。
〔マイビュー〕 登録した銘柄に対して表示させたい項目を自分で選択することができます。
〔エクスポート〕 登録した銘柄に対していくつかのデータをCSV形式で出力することができます。

1回目は、ファンドの登録と〔基本情報〕、〔パフォーマンス〕、〔銘柄情報〕について説明しましょう。まずはファンドの登録方法です。

1 新規に購入

 新規にファンドを購入した場合は、画面の上にある〔ファンドを追加〕をクリックしてください。(画面
 続いて、ファンド名の一部と運用会社名を選択して〔検索〕をクリックします。
 画面下に検索結果が表示されます。左下の〔ポートフォリオに登録〕をクリックしてください。(画面
 〔ファンド購入日〕、〔購入〕、〔購入手数料(税込み)〕を入力します。〔ファンド購入日〕は直接入力することもできますが、〔カレンダー〕をクリックするとカレンダーから入力ができます。〔購入〕は金額指定、口数指定、〔購入手数料(税率)〕は金額、率 のどちらからでも入力できます。(画面
 また、ユーザー登録時に金融機関を登録しており、かつその金融機関で取り扱っているファンドの場合は手数料が自動的に表示されます(画面)
 金融機関を登録したい場合は画面下にある〔ユーザー情報の修正〕から登録できます)。続いて登録するポートフォリオや分配金の処理方法を設定して〔>>次へ〕をクリックすると確認画面が出ますので、確認の上、〔次へ〕をクリックしてください。これで登録は完了です。(画面

2 追加購入

 新規にファンドを購入するのではなく、すでに持っているファンドを追加購入の場合は、該当するファンドの横にある〔追加〕をクリックすると、いきなり画面にジャンプします。入力手順は1と同じです。〔ファンド購入日〕、〔購入〕、〔購入手数料(税込み)〕などを入力し、〔次へ〕をクリックしてください。
 なお、追加購入をいつ行なったかなど取引の履歴は、〔履歴〕(画面)をクリックすると確かめることができます。
 続いて、各タブを説明しましょう。〔基本情報〕は、基準価額や今いくらになっているか(時価)のチェックに役立ちます。「時価」は、表示されている日付の時価を表しています。購入時の手数料や利益が出ている場合の税金、信託財産留保額が設けられている場合は信託財産留保額が控除されています。また、分配金処理が〔再投資する。〕の場合は再投資したものとして含まれますが、〔分配金を受け取る。〕を選択した場合は、含まれません。
 〔パフォーマンス〕は、時価のほか、追加購入した場合の平均購入価格や〔分配金を受け取る。〕を選択した場合は、受け取った分配金の合計金額がわかります。分配金の履歴など詳細情報は〔履歴〕をクリックしてください。
 〔銘柄情報〕は直近1年間、3年間、5年間のリターンを表しています。このデータは毎月5 営業日目に前月末のデータに更新されます。ぜひ、新ポートフォリオを活用して資産管理を行ないましょう。