fund_beginer fund_search fund_look

沿革

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

  • 10月

    モーニングスターのウエブサイトと、国内株式ニュースを提供する旧株式新聞社のウエブサイトを統合した「総合金融情報サイト」(http://www.morningstar.co.jp/)の提供を開始

  • 10月

    日刊「株式新聞」の題字デザイン(コーポレートカラーの「赤」に統一)を刷新

  • 7月

    IR・PR向け「ビデオ・レポート」(動画配信)配信サービス開始

  • 4月

    子会社のSBIマーケティング株式会社を親会社SBIホールディングス株式会社へ譲渡

  • 4月

    子会社である株式会社株式新聞社を吸収合併

  • 1月

    ファンド・オブ・ザ・イヤー2007」の発表

2007年

  • 11月

    子会社であるモーニングスター・アセット・マネジメント株式会社の100%子会社 Ms Investment Servicesをケイマン諸島に設立

  • 10月

    中央三井信託銀行「ファンドラップサービス」に対して、国内外のファンド選定と各資産内の組入れ比率に関しての投資助言を提供開始 (モーニングスター・アセット・マネジメント株式会社)

  • 9月

    子会社エージェント・オール株式会社がSBIマーケティング株式会社に商号を変更

  • 4月

    株式会社株式新聞社の株式の追加取得ならびに子会社化

  • 3月

    確定拠出年金マーケット向けの新サービスを開始

  • 2月

    コスモ証券販売の「コスモ・モーニングスター・バランスファンド(愛称:ファンドコンシェルジュ)」に係わる投資助言の提供開始 (モーニングスター・アセット・マネジメント株式会社)

  • 1月

    ファンド・オブ・ザ・イヤー2006」の発表

2006年

  • 12月

    普通株式1株を2株に分割

  • 12月

    エージェント・オール株式会社への出資および子会社化

  • 11月

    住友信託銀行販売の「住信 ジャパン・プレミアム・セレクト・ファンド(愛称:Jセレクト)」に係わる投資助言の提供開始 (モーニングスター・アセット・マネジメント株式会社)

  • 8月

    子会社ゴメス・コンサルティング株式会社が大阪証券取引所・ヘラクレス市場へ新規上場(コード:3813)

  • 6月

    中央三井信託銀行販売の「モーニングスター グローバルバランスファンド(愛称:バイナリースター)」に係わる投資助言の提供開始 (モーニングスター・アセット・マネジメント株式会社)

  • 5月

    「モーニングスター・グローバル・オーナーシップ」(海外機関投資家が保有する国内上場企業の保有銘柄情報)を提供開始

  • 5月

    住友信託銀行販売の「住信 財産四分法ファンド(毎月決算型)(愛称:四分法)」に係わる投資助言の提供開始 (モーニングスター・アセット・マネジメント株式会社)

  • 2月

    日本郵政公社(現:株式会社ゆうちょ銀行)の投信窓販向けに資産運用関連の情報冊子を提供

  • 1月

    ファンド・オブ・ザ・イヤー2005」の発表

  • 1月

    財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC) 「プライバシーマーク」付与の認定取得

2005年

  • 12月

    子会社であるイー・アドバイザー株式会社を吸収合併

  • 12月

    普通株式1株を2株に分割(無償交付)

  • 10月

    子会社のモーニングスター・アセット・マネジメント株式会社を通じて、イー・トレード証券(現:株式会社SBI証券)「アジアSRIファンド」に係る投資助言の提供開始
    ―アジア全域をカバーするファンド・オブ・ファンズ形態のSRIファンドを日本で初めて実現―

  • 10月

    日刊「株式新聞」の最終紙面にて、投資信託関連情報の日次提供開始

  • 10月

    セカンドライフ情報サイト「新生活塾 シニア」を開設

  • 7月

    金融機関向けポートフォリオ・アドバイス・ツール「ポートフォリオ・アドバイザー」の提供開始

  • 4月

    中国関連情報を提供する株式会社サーチナと業務・資本提携(出資比率4.8%)

  • 4月

    株式会社株式新聞社と業務・資本提携(出資比率26.8%)

  • 1月

    ファンド・オブ・ザ・イヤー2004」の発表

2004年

2003年

2002年

  • 9月

    イー・アドバイザー株式会社を子会社化

  • 9月

    東京スター銀行「スターバリューファンド」に係る投資助言の提供開始 (モーニングスター・アセット・マネジメント株式会社)

  • 1月

    ファンド・オブ・ザ・イヤー2001」の発表

2001年

  • 11月

    ゴメス・コンサルティング株式会社を子会社化

  • 10月

    子会社であるモーニングスター・アセット・マネジメント株式会社を通じファンド・オブ・ファンズへの投資助言業務の開始

  • 6月

    投信分析ソフト「プリンシピア」の提供開始

  • 5月

    モーニングスター・アセット・マネジメント株式会社を設立

  • 2月

    ロイタージャパン(現:トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社)へのデータ提供開始

  • 1月

    ファンド・オブ・ザ・イヤー2000」の発表

2000年

  • 9月

    国内初の「5年評価」の導入と「総合レーティング」の新設

  • 6月

    大阪証券取引所ナスダックジャパン(現ヘラクレス)上場(コード:4765)

  • 1月

    ファンド・オブ・ザ・イヤー2001」の発表

1999年

  • 10月

    国内初の投信指数「モーニングスター・インデックス(MIX)」を発表

  • 7月

    NTTドコモ「iモード」への情報提供開始

1998年

  • 12月

    ウエブサイト開設

  • 10月

    月刊誌「Fund Investor」創刊

  • 3月

    モーニングスター株式会社設立