MORNINGSTAR T. ロウ・プライス

長期投資の安心と魅力を伝える
T. ロウ・プライスの運用の根幹 長期投資の安心と魅力を伝える
T. ロウ・プライスの運用の根幹

企業カルチャーとして根付いた顧客第一主義
 「NISA」(少額投資非課税制度)に加え、2017年から「iDeCo」(個人型確定拠出年金)が始まることで、中長期投資への意識の高まりが期待される中、アクティブ運用で世界有数の実績を残してきたT. ロウ・プライス・グループ、インク(以下、T. ロウ・プライス)への注目度は高い。そこで、モーニングスターの代表取締役社長である朝倉 智也(以下、朝倉)が、T. ロウ・プライス東京支店の代表者兼最高経営責任者である本田 直之氏(以下、本田氏)に、過去の優れた実績の背景、企業文化などについて話を聞いた。

個人からプロまで幅広い投資家層の支持を集め、
ファンドの7割超が★★★★以上を獲得

朝倉:T. ロウ・プライスはアクティブ運用を中心に、海外で極めて高い評価を受けています。例えば、定量レーティングでは、米国では対象ファンド123本のうち、5つ星が28本、4つ星が60本と、両者の合計は7割を超えます(図表1参照)。一方で、業界平均は約3割であり、その比率をはるかに上回っています。また、定性レーティングでも、対象ファンド53本のうち、5段階中最高位の「Gold」が9本で、「Bronze」以上の合計が8割に達します(図表1参照)。このような優れた評価を背景に、米国ではプロからアマまで幅広い投資家に支持されていますね。

本田氏:米ボルチモアを拠点とするT. ロウ・プライスは、設立(1937年)から約80年の歴史を有する独立系の運用会社で、一貫してアクティブ運用を行ってきています。世界の運用資産残高は8,129億ドル(約82兆円)に達し、米国ではプロだけでなく、個人の方からも高評価をいただいており、直販、ファイナンシャルアドバイザー、確定拠出年金と様々なチャネルを経由して資金が集まってきています(図表2参照)。

本田 直之氏
本田 直之
T. ロウ・プライス東京支店
代表者兼最高経営責任者

図表1:T. ロウ・プライスの定量・定性レーティング分布

図表1:T. ロウ・プライスの定量・定性レーティング分布
  • ※2016年10月末時点で、米国籍のオールデストシェアクラスを対象に集計
  • ※定量レーティングは過去の運用実績に基づく、定性レーティングはアナリストによる将来予測を含む
  • 出所 モーニングスター作成

図表2:販売チャネル別運用資産残高割合

図表2:販売チャネル別運用資産残高割合
  • ※2016年9月末月時点
  • 出所 T. ロウ・プライス資料より

80年変わらない「人を大切にする」
プロフェッショナル集団

朝倉:国における運用会社別純資産額ランキングから見た場合、アクティブ運用ではT. ロウ・プライスが第4位となっています(図表3参照)。特定のカリスマファンドマネジャーだけに依存することなく、会社全体として幅広い支持を集めているのは、企業理念などに投資家が共感しているためだと思われます。

本田氏:T. ロウ・プライスが大切にしてきたことの一つは、創業者であるトーマス・ロウ・プライス・ジュニアの「お客さまのために尽くせば、必ず報われる」という信念であり、80年経った今でも変わることはありません。プライスは「成長株投資の創始者」と呼ばれていますが、優れた運用成績を維持し続けるために、人を大切に考え、運用の一貫性にも配慮してきました。

朝倉 智也
朝倉 智也
モーニングスター株式会社
代表取締役社長

図表3:米国運用会社別純資産額ランキング(アクティブ運用)

図表3:米国運用会社別純資産額ランキング(アクティブ運用)
  • ※米国籍オープンエンドファンド(MMF、ETF等除く)
  • ※2016年10月末時点
  • 出所 モーニングスター作成

流行に流されない一貫したスタイルで
「ファンタスティック45」に3本選出

朝倉:長期に優れたパフォーマンスを残していくためにも、人を大切にする理念は重要なポイントですね。実際に、T. ロウ・プライスが運用する米国大型優良株、新興国債券ファンドの中には、同一のファンドマネジャーが20年以上担当しているファンドもあるようですね。

本田氏:2008年のリーマン・ショックの際にも、人員削減はほとんど実施しておらず、運用プロフェッショナルの人数は全体ではほぼ一貫して右肩上がりで増え続けています(図表4参照)。人を大切にするということは、我々が重視している「投資家の資産の保全」にも通じています。運用者に短期的な成果を求めすぎると、過大なリスクをとり、長期的に顧客の資産保全がないがしろにする可能性があります。

図表4:運用プロフェッショナルの人数と株価の推移

図表4:運用プロフェッショナルの人数と株価の推移
  • ※2016年9月末時点
  • 出所 T. ロウ・プライス資料より
朝倉:一貫した理念は、個別ファンドの実際の運用成績にも表れていますね。米モーニングスターのアナリストが、約8千本のファンドの中から、定量・定性の両面で優れたファンドを選定した「ファンタスティック45」の中には、T. ロウ・プライスのファンドが3本も含まれています(図表5参照)。実際の運用では、どのような点を重視していますか?

本田氏:スタイルの一貫性と流行に流されないことです。一貫性とは、外見と中身が一致しているべきだ(看板に偽り無し)との強い信念です。その時の流行に乗らずに、スタイルを崩さず、お客様の資産を運用してきた実績があると自負しております。

図表5:「ファンタスティック45」に選定されたT. ロウ・プライスのファンド

図表5:「ファンタスティック45」に選定されたT. ロウ・プライスのファンド
  • ※定量・定性レーティングは2016年10月末時点
  • 出所 モーニングスター作成

国内で17年以上の運用実績、
変わりはじめた日本の投資家に注目

朝倉:米国においては極めて優れた実績を残し、プロからアマまで幅広い支持を受ける一方で、日本では一般の投資家にはまだそれほど馴染みがないようです。ただし、モーニングスターの調べでは、T. ロウ・プライスが助言、もしくは運用しているファンドは公募だけでも40本以上あります(図表6参照)。

本田氏:日本では1999年に拠点を開設し、既に17年以上の歴史があります。この間、日本の運用会社から委託を受けて、海外資産の運用を任せていただくなど、運用サービスの提供によって、コツコツと実績を重ねてきています。

朝倉:日本でも、運用会社にフィデューシャリー・デューティー(受託者責任)の徹底が求められるようになる一方で、投資家もNISAやiDeCoによって投資の時間軸を長く意識するようになってきているように思います。あせらず、じっくりと、ということですね。

本田氏:日本の投資家の行動が変わり始めていることは、我々も実際の業務を通じて感じることも少なくありません。長期投資の魅力と理解を深めていただく中で、T. ロウ・プライスの一貫して変わらない企業文化、運用スタイルなどをできるだけ多くの日本の投資家の皆様にお伝えしていきたいと考えています。

図表6:T. ロウ・プライスが助言を行う主な国内籍公募ファンド

ファンド名 委託会社 純資産額
(百万円)
レーティング
(総合)
セゾン 資産形成の達人ファンド セゾン 33,933 ★★★★★
財産四分法ファンド(毎月決算型) 三井住友トラスト 18,028 ★★★★
エマージング債券ファンド(毎月分配型) 大和住銀 9,103 ★★★★
T.ロウ・プライスUSインカムファンド 大和住銀 8,958 ★★★★
グローバル・ベスト・ファンド 大和住銀 3,418 ★★★★
エマージング社債オープン(毎月決算型)為替ヘッジあり 三菱UFJ国際 845 ★★★★
エマージング社債オープン(毎月決算型)為替ヘッジなし 三菱UFJ国際 154 ★★★★
USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド 三井住友 23,296
大和住銀DC外国株式ファンド 大和住銀 21,452
グローバル・スマート・イノベーション・オープン(年2回決算型) 三菱UFJ国際 6,262
グローバル・スマート・イノベーション・オープン(年1回決算型) 三菱UFJ国際 3,651
  • ※2016年10月末時点
  • ※運用ファンドがファンドオブファンズ形式で組入対象となっているファンドを含む
  • 出所 モーニングスター作成

図表6:T. ロウ・プライス

*投資一任契約に基づき、お客様の資産を個々の有価証券、又はデリバティブ取引に係る権利等に投資した場合、金利、通貨、金融商品市場における相場、その他の指標の変動、あるいは投資対象である有価証券の発行者の経営、財務状況の変化、及びこれらに関する外部評価の変化等により組み入れられた個々の有価証券、デリバティブ取引において投資元本を割り込み、又特にデリバティブ取引等に関しては委託証拠金、保証金を上廻る損失が生じるおそれがあります。更に、取引の媒介等を行う金融商品取引業者等の経営、財務状況等の変化を直接の原因として、損失が生じることがあります。上記のいくつかの理由が個々に影響し、運用の結果として、お客様の資産が当初の投資元本を割り込むことがあります。
*当社の運用戦略には時価資産残高に対し、一定の金額までを区切りとして最高1.080%(消費税8%込み)の逓減的報酬料率を適用いたします。また、運用報酬の他に、組み入れる資産の売買手数料、あるいは売買手数料に対する消費税等の諸費用が伴いますが、投資対象国あるいは介在する金融商品取引業者等、様々な要因により変動しますので表示できません。
*投資一任契約に基づく運用は、元本が保証されるものではありません。

T. ロウ・プライス・インターナショナル・リミテッド 東京支店
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 445 号
加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会会員番号011-01162

PAGE TOP

MSCIデータの出所:MSCI。MSCIは、本稿に記載されるMSCIのデータに関して、明示的または暗黙的に関わらず、いかなる保証や表明は行わず、一切の責任を負いません。
MSCIのデータは、その他の指数や証券、金融商品の基準としての更なる再配布や使用が禁止されています。
本報告書は、MSCIによって承認、審査、発行されたものではありません。

この資料は投資判断の参考としてモーニングスターが情報提供しております。モーニングスターのレーティング情報は過去のパフォーマンスに基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権、知的所有権等一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar.Incに帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。

広告企画・制作=モーニングスター株式会社

Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.