MORNINGSTAR

個別銘柄クローズアップ「株式会社ヘリオス」iPS細胞技術活用のバイオベンチャー、眼科、肝臓分野で新治療方法の開発進める | モーニングスター 特集 個別銘柄クローズアップ「株式会社ヘリオス」iPS細胞技術活用のバイオベンチャー、眼科、肝臓分野で新治療方法の開発進める | モーニングスター 特集

株式新聞記者はここに注目!

 鍵本忠尚社長は二十代のうちにバイオベンチャーを設立し、現在2社目。1社目では眼科手術補助剤の開発に成功した実績があり、現在はiPS細胞等を利用した再生医療製品の開発に注力しています。いち早く再生医療分野への取り組みを開始した目利き力と、幅広いネットワークが、同社の強みにつながっています。
 共同研究を進める理化学研究所、横浜市立大学など研究機関に加えて、大日本住友製薬(4506)、ニコン(7731)、澁谷工業(6340)の民間企業とも共同開発や提携を進めている点も強みです。足元の資金は潤沢にあるとみられ、着実に新薬の開発を進める同社には、長期的に注目したいところです。

 

 ヘリオス(4593・M)はiPS細胞等の最先端の技術を活用し、いまだ有効な治療法のない疾患に対して新たな治療法の開発を目指すバイオベンチャーです。iPS細胞技術を活用したiPSC再生医薬品分野においては眼科分野で加齢黄斑変性の治療法、肝臓分野で臓器原基の移植による治療方法の開発を進めています。また、体性幹細胞を活用した体性幹細胞再生医薬品分野では、脳梗塞急性期の治療法開発を進めています。

 鍵本忠尚社長は九州大学病院で眼科医として勤務した後、「より多くの患者を救いたい」との思いから、バイオベンチャーを起業しました。九州大学発の技術を用いて眼科手術補助剤の開発に取り組み、欧州にて上市にこぎつけました。その後、鍵本社長はiPS細胞を利用した加齢黄斑変性の治療法の開発を目指し、2011年に日本網膜研究所を設立。13年に現社名のヘリオスに商号変更しています。

鍵本 忠尚氏
鍵本 忠尚
株式会社ヘリオス
代表取締役社長 兼 CEO / 医師
図表1:同社の沿革と社会動向
  • 出所:(株)ヘリオスの決算資料より

 加齢黄斑変性にはドライ型とウェット型があり、ウェット型には現在、抗VEGF薬という治療方法があります。しかし、再発率が高い上、年6回も注射を眼球に打ち続ける必要があり、患者にとってはとても苦しい治療法です。半面、その市場規模は世界で1兆円ともいわれます。iPS細胞から網膜色素上皮細胞を作製し移植をするという、同社による新しい治療薬が開発されれば、より根治に近い治療法となる可能性があります。一方、ドライ型には現状で有効とされる治療法はなく、同社の治療法が開発されれば患者に希望を与え、新たな市場を作りだすことができるでしょう。

図表2:加齢黄斑変性(AMD)の市場規模
  • 出所:(株)ヘリオスの決算資料より

 鍵本社長は「高齢化により加齢黄斑変性の患者は世界中で増加しており、新たな治療法が待ち望まれている。できるだけ早く実現したい」と話しています。

 同治療法の開発は、国内においては大日本住友製薬と共同開発を行っており、治験開始に向けて前臨床試験を進めています。治験開始時期は現時点では未公表です。日本のほか、米国、欧州でも開発を進めていますが、日本では新しい薬事法により14年に再生医療等製品に対し早期承認制度が施行されたため、他国に先駆け、いち早く製品化される可能性があります。

 さらに、同社はパイプラインの充実を図り、16年1月には米国のバイオ企業であるアサシス社とライセンス契約を締結し、アサシス社が特許権、特許実施許諾権を持つ幹細胞製品MultiStem®を用いて、脳梗塞急性期を対象疾患とする体性幹細胞製品の開発を開始しました。現在、プラセボ対照二重盲検第2/3相試験を実施しています。

 脳梗塞の既存薬は発症後4.5時間以内の投与に限られていますが、同社が開発中の製品は発症後18〜36時間以内の患者を対象にしており、治療対象患者が大きく広がる可能性があります。日本の三大疾病である脳梗塞の新規治療法の実現は、医療経済の点でも大きな貢献の可能性があると考えられます。治験期間は約2年間で、その後承認申請し、上市を目指す予定です。

 同社は17年2月、ニコンとの業務・資本提携契約を締結、また同月に新株予約権発行による資金調達も開始しており、積極的に資金調達を実施しています。再生医療の実用化・産業の拡大に向けて、さらなるパイプラインの獲得も視野に入れています。

 鍵本社長は「体性幹細胞再生医薬品分野のような比較的早期の製品化が見込めるパイプラインにも力を入れていく。同時にiPS細胞技術による世界初の治療法、より根治に近い治療法の実現に向けて、世界で戦っていきたい」と話しています。

株式会社ヘリオス
株式会社ヘリオス

PAGE TOP

この資料は投資判断の参考としてモーニングスターが情報提供しております。モーニングスターのレーティング情報は過去のパフォーマンスに基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権、知的所有権等一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar.Incに帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。

広告企画・制作=モーニングスター株式会社

Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.