投信フェア2018 in 福岡採録投信フェア2018 in 福岡採録

特別パネル対談

投資のプロが語る!つみたてNISAでのお金の育て方!

パネリスト

  • コモンズ投信株式会社
    マーケティング部長 
    福本 美帆氏
  • セゾン投信株式会社
    代表取締役社長 
    中野 晴啓氏
  • 三菱UFJ国際投信株式会社
    プロダクト・マーケティング部長 
    吉田 研一氏
  • レオス・キャピタルワークス株式会社
    取締役 運用本部長 シニア・ファンドマネージャー 
    湯浅 光裕氏

コーディネーター

  • 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ
    FC企画部長 
    丸田 哲也氏

1月から始まった「つみたてNISA」の魅力

丸田氏:
投資信託のプロに集まっていただき、投資信託や資産形成について話を進めたいと思います。
1月から始まった「つみたてNISA」は、積立預金と同じように、毎月一定の金額を投資信託で積み立てていくものです。運用益は20年間非課税です。一定の基準を満たした投資信託で積み立てます。1年間に40万円までですので、20年間で800万円の非課税枠が使えます。
三菱UFJ国際投信では、昨年9月から、つみたてNISAに関して1万人の認知度調査を実施されています。調査結果について吉田さんからご紹介ください。
吉田氏:
昨年9月から、毎月1万人を対象としたつみたてNISAの認知度調査を実施しています。昨年9月には「つみたてNISAを知っている」という人は19%でした。今年1月には25.9%になっています。4人に1人はご存じなのですが、もっと上がっても良いと思っています。
税金、年金の問題など、家計の負担は重くなっていますので、節税メリットのある制度は積極的に使っていただきたいと思います。これまでNISAを使ってこられた方で、120万円の枠は使えない、40万でも十分だという方は、つみたてNISAをお使いいただくということもできます。
実際に、積立投資をやっている方々の気持ちを調査したのですが、「やらなければよかった」と後悔している人は1.7%です。67%の人が良かったと言っています。私自身も、積立投資によって、結婚指輪の購入や住宅の頭金を用意できたという経験があります。時間分散をしながら投資をしていくことは大事です。
現在25%の認知度を、50%、100%へと高めていくことが重要だと思っています。三菱UFJ国際投信では「ツミタテントゥ」と名付けたキャラクターをつくって、つみたてNISAのピーアールに努めています。
対談用写真

三菱UFJ国際投信株式会社
プロダクト・マーケティング部長

吉田 研一氏

丸田氏:
つみたてNISAは4人に1人が知っているということでした。みなさん、つみたてNISAについてどのようにお考えですか?
湯浅氏:
「つみたて」は、時間を味方にする投資方法だと思います。時間を味方にしないと、投資はうまくいきません。
私たちは、株式を通じて企業に投資していますが、私たちの考えている時間と、投資家の方々の時間がぴったり合うことが重要だと思うのですが、つみたて投資によって、時間軸が合うようになると思います。時間を敵にすると企業への投資でリターンをあげにくくなります。時間軸が合うことで良いリターンもあげられると思います。
時間を味方につけると、ドキドキしなくても良くなります。ドキドキするような投資は時間を敵にしています。ドキドキしない投資が「つみたて」です。
対談用写真

レオス・キャピタルワークス株式会社
取締役 運用本部長 シニア・ファンドマネージャー

湯浅 光裕氏

中野氏:
私は「つみたて王子」を名乗って10年ですから、この制度の普及には思い入れがあります。なぜ、「つみたて」かというと、長く続けるために必要だからです。
「投資」というと、上がりそうなものをみつけて、それが当たるのが好きという方がいらっしゃると思います。どーんと投資して、どーんと儲けることをやりたい方。それを否定はしませんが、それと「つみたて」は別次元の話です。
「つみたて」は、お楽しみではありません。人生を考えた時に、全ての人に必要なことです。合理的に、失敗しないために、取らなければならない行動として重要なことが「つみたて」です。
対談用写真

セゾン投信株式会社
代表取締役社長

中野 晴啓氏

投資は長く続けなければ意味がないのですが、続けることは難しいものです。どーんと買うと、気になって仕方がなくなります。ちょっと上がると売りたくなりますし、下がると不安になります。毎月、少しずつ買っていると怖くありません。毎月、同じリズムで投資をしていると、3回も続けると、自分の買い値がわからなくなります。わからないから気になりません。これが大事です。
誰でも参加できて、長期投資家になれる。財産づくりの重要な制度が「つみたてNISA」だと思います。この制度を使って全員に成功してもらいたいと思います。
福本氏:
「貯まる」ということが、「つみたて」のポイントだと思います。安く買って高く売ることが投資では大事ですが、「つみたて」は投資ではなく、資産形成です。
資産形成は、日本人が得意とするところです。「貯める」「コツコツ続ける」。ここに、「投資」「増える」という要素を加えたのが、「つみたてNISA」です。
投資というと、清水の舞台から飛び降りるような気持ちでとなってしまいがちですが、むしろ、「貯める」という意識が重要だと思います。
対談用写真

コモンズ投信株式会社
マーケティング部長

福本 美帆氏

丸田氏:
時間をかけて、ゆっくりやるということが大事ですね。
吉田氏:
常に自分の持っているアドバンテージを活かすということも大事だと思います。「つみたて」では、時間を味方に付けること、そして、会社員は定期収入から少しずつ投資に回すというメリットがあります。アドバンテージは、「時間」、そして、「定期収入」です。
丸田氏:
始めるタイミングについては、どうですか?
吉田氏:
タイミングはいつでも良いと思います。できるだけ早く始める方が良いのではないでしょか。

「投資」はギャンブルとは、何が違うのか?

丸田氏:
日本人は欧米人に比べて投資に馴染みが薄いといわれます。「投資」というと、「怖い」、「投資信託はギャンブル」という考え方もありますが、この点はいかがですか?
中野氏:
「投資信託はダメなもの」「投資信託はこりごりだ」というイメージを持っておられる方が、シニアの方に多いと思います。「証券会社にすすめられるままに投資信託を買ったら、ひどい目に合った」といわれます。これは、過去の投資信託の商売の仕方が良くなかったからだと思います。投資信託を作るほど、売るほどに証券会社が儲かるような仕組みになっていました。
その状況は、ずいぶん変わりました。たとえば、私どものような新しい投信会社ができてきたことも変わったことです。日本の資産運用業界は、少しずつ健全化に向かっています。
対談用写真

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ
FC企画部長

丸田 哲也氏

投資信託は、本来は、生活者のための本当に素晴らしい道具だと思います。少しのお金でも、大きなお金を投資していても収益は平等に分けあいます。普通の生活者が使って、人生を豊かにするツールだと思います。
丸田氏:
投資には馴染みのない方、これから始めようという方もいらっしゃると思います。運用商品の選び方について、そのポイントは?
湯浅氏:
運用商品の選び方というのは難しいです。たとえば、「シャープレシオ」という指標があるのですが、ある期間のリターン、値上がり益を、リスク(価格変動率)で割ったものですが、これが1以上のものは良いといわれます。ひとつの目安になるでしょう。シャープレシオについては、同じアセットクラスのもの、たとえば、日本株で運用するものは日本株のものと比較して、高い方を選ぶという使い方もあります。
その他に、運用会社の目的やビジョン、何のためにやっているのかということも確認していただきたいと思います。ただ、リターンのためだけにやっている会社は信用置けないと思います。たとえば、株式の投資先が殺人兵器を作って収益をあげている会社であれば、あまり気持ちの良いものではないですね。
最後に、プロの集団かどうかということもポイントです。運用のプロであることは間違いないのですが、どんな経験のある人たちなのかということも大事です。
つまりは、シャープレシオが高い商品で、会社のビジョンや運用している人に共感が持てること。そのような投資信託であれば、長く付き合っていけて、時間を味方にした運用ができると思います。
福本氏:
これから始める方は、難しいことは分からないかもしれません。そのような場合は、好き嫌いも大事です。例えば、靴屋さんでジョギングの靴を選んでる時、何種類もある中からプロの定員さんから、目的に適った靴をいくつか選んでくれるのですけれど、「続けていくためには、モチベーションも必要なので、見た目も大事です」というアドバイスを受けました。最後は気に入った色で選んでいます。そういう部分も大切だと思います。
吉田氏:
自分自身で選んだ時の経験からいうと、ネット証券には数百の投資信託がって、どれを選べばいいのか分からないと思ったのですが、自分がどういうものに投資をしたいのかを考えると、高いリスクは取りたくないと思っていて、リスクを抑えた商品の中から選びました。
自分が何をしたいか? ということが大事です。どこかの企業に集中して投資したいのか。運用者や運用会社が好きなのか? インデックスがいいのか? 正解はないと思います。みなさんの判断基準で納得のできるものを選んで、長く投資するということが大事です。

独立系運用会社「草食投資隊」は「投資は楽しい」を広めたい

丸田氏:
中野さんは、レオス・キャピタルワークス社長の藤野英人さん、コモンズ投信会長の渋澤健さんと3人で「草食投資隊」を2009年に作ってセミナーを開催されています。この活動について教えてください。
中野氏:
独立した運用会社3社の代表者が揃って全国を回っています。これまで8年間で200カ所くらいを回りました。いろんな人に会いました。
この活動で、一番大事にしているのは、「投資は楽しい」ということを伝えることです。投資は、社会に不可欠で、社会的な意義があることと思っています。資本市場を通じてビジネスを支えているという矜持があります。その想いを伝え、共感の輪が広がることが大事だと思ってやっています。運用会社としては、投資家の皆さまから共感していただけることは、長い付き合いをしていく上でも大切なことだと思います。

三菱UFJ国際投信「つみたて8資産均等バランス」の分散効果とは

丸田氏:
三菱UFJ国際投信からは、インデックスファンドを提供いただいてます。たとえば、「つみたて8資産均等バランス」などの商品もありますが、分散投資の重要性については、どのように考えますか?
吉田氏:
分散したらパフォーマンスが上がらないとおっしゃる方がいます。これほど日本株が上がっているのだから、日本株に投資した方が儲かるということなのですが、それはそうなのですが、それと、「分散」は別です。
資産形成とは、基盤を作ることだと思います。いろんなものに分散投資してベースになる資産をつくりましょう。そこでは分散が大事です。それができた後で、プラスでリスクを取って積み上げるということが大事ではないでしょうか。

レオス・キャピタルワークス「ひふみプラス」の企業選定のポイントは?

丸田氏:
レオス・キャピタルワークスからは「ひふみプラス」という日本株ファンドを提供いただいてますが、湯浅さんから投資する企業を選ぶポイントについてご紹介ください。
湯浅氏:
これは難しいです。投資信託を選ぶ時と同じように考えることもできます。まず、会社のビジョンやミッションに共感できるか? そして、私たちは「オーナーシップをみる」と言っていますが、経営者や従業員に当事者意識があるかどうかをみます。また、インセンティブとして、ビジネスの見返りがどのようになっているかも大事です。売り上げの伸びだけが見返りとしてあるのではなく、「ありがとう」という言葉が返ってくるような事業に投資をしたいと思います。

セゾン投信「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の魅力

丸田氏:
セゾン投信からは、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」などの提供を受けています。中野さんは、バンガード社のどこに惹かれて提携を決めたのですか?
中野氏:
バンガードという会社は、卓越した運用成績をあげているだけでなく、企業の理念が素晴らしいのです。たくさん儲けるということをあきらめています。ジャック・ボーグルという創業者は、アメリカで何度も裁判所の判断をあおいで、バンガードの株式を所有しているのは、バンガードのファンドの投資家だという仕組みを作り上げました。バンガードが上げた利益は、全て投資家に還元しているのです。その結果、圧倒的な低コストを実現しています。
世の中の生活者のために仕事をすると思って運用会社を立ち上げた時、バンガードのファンドを部品として使わせてもらってポートフォリオを作ることを考えました。このような、会社のヒストリーを知ることも重要なことです。

「コモンズ30ファンド」がめざす30年投資とは?

丸田氏:
コモンズ投信からは、「コモンズ30ファンド」を提供いただいてます。30年投資ということを言っていますが、この意図は?
福本氏:
長期投資には、今日よりも明日は、もっと良いという考えがあります。長期の目線で会社を応援する。明日、未来に希望を持つことの手伝いをしたいと考えています。30年という期間は、世代を超えていく年数です。自分の子供や孫の世代、そんな未来をより豊かに感じられて、今を幸せと感じられると思います。
30年先を見据えて、世の中が良くなっていくということを結びつけて感がるのが、30年目線の投資といっています。長期投資のひとつの目安とお考えいただきたいと思います。

これから投資を始める若者へのメッセージ

丸田氏:
本日、会場には若い方もいらしています。投資を始めようかと考えている方もいらっしゃると思いますが、若い方へのメッセージを、福本さんに代表してお願いします。
福本氏:
若いことは、時間こそが最大の資産です。単に若いというだけではなく、今日、この瞬間は、皆さまお一人おひとりにとって、自分の持っている時間の中で、人生で一番若い瞬間ということもいえます。いくつでも長期投資は始められます。長期投資は、止めないこと、使いながらも続けていくことが大事です。
丸田氏:
つみたてNISAについて、様々な角度からお話しを伺いました。投資は楽しいというメッセージが印象に残りました。1月から始まったつみたてNISAで、長期投資を始めてみようかとお感じになった方は、是非、お近くの福岡銀行・熊本銀行・親和銀行・ふくおか証券の支店を訪ねていただきたいと思います。

<共催>

Platinum Sponsors

Gold Sponsors

Silver Sponsors

この資料は投資判断の参考としてモーニングスターが情報提供しております。モーニングスターのレーティング情報は過去のパフォーマンスに基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権、知的所有権等一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar.Incに帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。

広告企画・制作=モーニングスター株式会社

Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.