投信フェア2018 in 福岡採録投信フェア2018 in 福岡採録

特別パネル対談 (熊本)

投資のプロが語る!つみたてNISAでのお金の育て方!

パネリスト

  • コモンズ投信株式会社
    マーケティング部長 
    福本 美帆氏
  • セゾン投信株式会社
    代表取締役社長 
    中野 晴啓氏
  • 三菱UFJ国際投信株式会社
    プロダクト・マーケティング部長 
    吉田 研一氏
  • レオス・キャピタルワークス株式会社
    パートナー営業部
    深町 芳氏

コーディネーター

  • 熊本銀行
    執行役員 営業推進部長 
    立石 勲氏

メリット多い「つみたてNISA」ながら、依然として認知度が低い

立石氏:
投信のプロに集まっていただき、つみたてNISAに関するパネルディスカッションを開催します。
さて、今年1月からスタートした「つみたてNISA」は、積立預金のように、毎月一定額を投信で積み立てていく制度です。20年間に投資収益に非課税という特典があります。1年間に40万円まで、20年間で合計800万円が非課税枠として使えます。
三菱UFJ投信では、「つみたてNISA1万人調査」を実施しているということですが、その調査についてご紹介ください。
吉田氏:
昨年9月から毎月1回、インターネットを使って、つみたてNISAについての1万人調査を継続して実施しています。その調査結果によると、「つみたてNISA」の認知度は、昨年9月に19.1%でした。それが、今年6月には26.6%になっています。制度が始まる前には5人に1人が知っていたのが、現在では4人に1人になったということです。4人に3人は知らないという事実には、「もったいない」と思います。
図表1:
国は増大する社会福祉関連費を賄うために、消費税の引き上げなどを実施し、これからも計画しています。とれるところから、広く薄く税金を集めようという考え方です。その中で、つみたてNISAは、本来は取っている税金を取らない非課税の制度です。活用しない手はないと思います。
つみたて投資をした人に聞くと、67.2%の方が「よかった」と答えています。投資の考え方は、いろいろあるでしょうが、ほとんどの方がやってよかったと感じるのが積立投資です。この「よかった」という体験を、もっと多くの方々に広げたいと思います。
対談用写真

三菱UFJ国際投信株式会社
プロダクト・マーケティング部長

吉田 研一氏

立石氏:
4分の3の人が、つみたてNISAを知らないということですが、レオス・キャピタルワークスの深町さんは、どう思いますか?
深町氏:
非常に残念に思います。私どもを含め、資産運用に携わる者が、伝えきれていないということでしょう。
投資に縁遠い方は、「投資はお金持ちがやること」「まとまったお金がないと投資はできない」と考えているようなのですが、つみたてNISAは、毎月5,000円、とか、1万円で始められます。投資の利益には非課税ですから、是非、活用していただきたいと思います。
対談用写真

レオス・キャピタルワークス株式会社
パートナー営業部

深町 芳氏

つみたてNISAの利用は国策に通じる、お金で富を生み出す意味

中野氏:
残念だという思いですが、証券会社も銀行も運用会社も、業界をあげて真面目にやっていないのではないかと思います。もっともっと本気になって業界が取り組む必要があると思っています。
つみたてNISAについて、これまでにもあったNISAの派生商品だろうというぐらいに感じている人もいると思いますが、実は、もっと大きな意味のある国策なのです。
対談用写真

セゾン投信株式会社
代表取締役社長

中野 晴啓氏

今、多くの人が、銀行にだまって預金を預けています。マイナス金利で、預金は収益を生まないのです。お金に新たな価値を生むように働いてもらう必要がある。預金も、ずっと以前は金利もついて富を生み出していました。今では預金ではできないので、もう一度、お金に新たな富を生み出してもらうようにしようとして始めたのが、つみたてNISAです。社会的な運動にしていかなければならないと思います。
積立というと、シニアの方々は、若い人たちの話だと思ってしまいがちです。しかし、人生100年の時代ですから、今、70歳の方はだいたい90歳まで生きています。20年のつみたてNISAは、全ての人に自分事として取り組むことだと思います。
福本氏:
投資は、「お金に働いてもらうこと」といわれますが、健全な働き方をさせてあげるということもポイントだと思います。投資というと、安く買って、高く売るということだと思われがちですが、これは難しいことです。実は、貯めて増やすためには、一定額を積み立てていくと、安い時には、たくさん貯めることができるメリットが分かります。
また、最初は簡単に貯まっていきます。たとえば、1万円ずつを1年間積み立てて12万円ですが、10%値上がりしても値下がりしても、1年間での影響は1.2万円です。ところが、100万円を一括投資した場合は、10%で10万円が動きます。もし、投資して数日のうちに10万円のマイナスになっていたら、このまま続けていても良いのか考えてしまうでしょう。
対談用写真

コモンズ投信株式会社
マーケティング部長

福本 美帆氏

積立投資は、経験を積み重ねながら、知識を増やしながら、資産も増やしていけるというメリットがあります。

じっくり長期で投資するメリット

立石氏:
じっくり投資することのメリットは?
吉田氏:
投資のリターンについて、学術的には、投資期間に負担するリスクへの対価とされています。手元のお金を、何かに預けておくと、ビジネスや不動産で活用されて、いくらかの利益の上乗せがあって戻ってくるというのが投資です。投資したビジネス等が失敗することもある。これがリスクです。このリスクは、なくすことはできないのですが、できるだけ減らすことはできます。その方法が、分散投資であり、長期投資なのです。
投資によって、大きく儲けようなどと考えずに、マイナスのリスクを減らすと考えると長期投資が有効です。できるだけ長期の投資をするためには、今日から始めるなど、できるだけ早くから、若いうちから始めた方が、長い期間を使えます。
立石氏:
投資するタイミングについて気にする人も多いですね。
吉田氏:
投資というと、勉強してからという人も少なくないのですが、投資が気になったら始めるということが大事だと思います。勉強も大事ですが、勉強をして相場を当てに行く、勝負するという考え方になると、投資成果は五分五分になります。プロでも当てることはできません。長期・分散でじっくりやっていくことが大事です。
立石氏:
日本人は投資に馴染みが薄く、投資について、「怖い」「ギャンブルのようだ」と思っている人も少なくないと思いますが、いかがですか?
中野氏:
投資というと、多くの人がイメージするのは、「これから何が上がるのかを当てに行く」「相場で勝負する」ということです。最近、ネットなどで「リカク(利確)」という言葉が使われています。「利益を確定する」という意味のようですが、「リカクして次を探す」などと使っています。これを投資と思っている人には、投資は怖いでしょうし、ギャンブルのようなイメージでしょう。「私には無理」と考える人がいておかしくありません。
しかし、投資を表す英語は、キチンと違う言葉で表しています。相場の動きを当てに行くような投資を「トレーディング」といいます。長期分散の投資を「インベストメント」といいます。まったく違うのです。
対談用写真

熊本銀行
執行役員 営業推進部長

立石 勲氏

つみたてNISAで行うのは、インベストメントです。証券投資理論で言われている損失可能性を極力小さくすることをめざし、合理的にやっていくのです。そのが、長期・積立・分散投資なのです。これをセットで忠実にやっていくことが大事です、20年も積み立て分散投資をしていると、全ての人が幸せになります。

投資対象を選ぶポイントは?

立石氏:
投資に馴染みのない方にも分かりやすい選び方のポイントを教えてください。
深町氏:
日本の投信は約6,000本あります。そこから選ぶのは大変なことですが、つみたてNISAは金融庁が基準を設けて150本くらいにしているので、選びやすくなっています。
投信を運用の手法によって分けると、市場全体の動きに合わせて動く「インデックス型」と運用会社の独自の判断で投資先を決める「アクティブ型」に分かれます。インデックス型の方がアクティブ型よりも、運用のコストが安いということがあります。
ひとつの選択の基準としてコストが安いことは注目点といえます。また、運用実績も大事です。シャープレシオという指標を使った比較を提案します。これは、リスクを1取ったときに、どれだけのリターンがあげられているかということを測る指標です。モーニングスターのサイトでも見ることができます。運用の効率性を測る重要な指標です。
福本氏:
投信を選ぶポイントに実績は大事です。また、好き嫌いという基準もあると思います。特にアクティブ型を選ぶ時には、その運用会社の投資手法や理念などを理解し、こういう投資であれば自分もやってみたいと共感できるところを選ぶということも大事です。
吉田氏:
投資商品を選ぶための秘伝のようなものはありません。自分なりの基準を作っていくことが大事でしょう。その中で、「リスクの水準」ということを考えてみることも大事です。たとえば、日本株は年率20%くらいのリスクがあるのですが、このリスクの水準で良いのだろうか、もっと低い方が良いのか? また、もっと高くても大丈夫かなどを、自分なりの基準で判断することも方法です。

「草食投資隊」の意義、投信は特徴を活かした活用を

立石氏:
中野さんは、コモンズ投信の渋澤さん、レオス・キャピタルワークスの藤野さんと一緒に草食投資隊とういう活動をしています。その狙いについて教えてください。
中野氏:
草食投資隊の活動は2009年に始めました。コモンズの渋澤さん、レオスの藤野さんと私では、年齢も違いますし、考え方も、体型も違います。その3人が一緒になってセミナーなどを通じた投資家集会を全国で開いてきました。
たとえば、三菱UFJ国際投信であれば、その名前だけで、誰もが信用できる会社だということが分かるでしょう。ところが、独立系の運用会社は、名前だけでは、どんな会社なのか、信用できるかどうかはわからないものです。そこで、私たち自身が前に出て、徹底的に投資家の方々と対話し、どんな考えでやっているのかを伝えることをしてきました。投信とは、運用を託すことです。どんな人が運用をしているのかということは、投信の原点といえます。
立石氏:
最後に、それぞれ提供していただいている投信の紹介と、使い方のポイントを教えてください。
吉田氏:
三菱UFJ国際投信ではバランス型ファンドを提供しています。このファンド1本で、株式にも債券にもリートにも、国内にも海外にも分散投資できる商品です。私どもは、このファンドは基本のファンドだと考えています。投資を考えた時に、まずは、このファンドを持っていただいて、そこに加えて、他のファンドを持っていただくように考えていただきたいと思っています。
深町氏:
「ひふみプラス」は、日本株に投資するファンドですが、昨年から外国株にも投資するようになっています。ただ、「守りながら増やす」という運用の考え方は変わっていません。コンスタントに利益を出し続けることができる企業を探しています。そのため、運用しているメンバーは、年間に2,000社以上の企業を訪問して調査しています。決算の数字だけではわからない、経営者の考え方や社員の働きぶりを訪問して感じています。そして、この企業なら応援したいという企業にのみ、投資するようにしています。
福本氏:
「コモンズ30」は、30年投資ということを言っています。これは、買ったら30年間持ちますということではなく、未来を信じる力、より良い明日を実践する企業に対して投資をしていきましょうというメッセージです。30年目線という言い方もしますが、30年先のような長期にわたって成長が確信できるような企業に投資しています。
立石氏:
つみたてNISAは、若い方はもとより、シニアの方も含めて全ての方にご活用いただきたい制度です。ぜひ、お近くの熊本銀行の支店でご相談ください。

<共催>

Platinum Sponsors

Gold Sponsors

Silver Sponsors

この資料は投資判断の参考としてモーニングスターが情報提供しております。モーニングスターのレーティング情報は過去のパフォーマンスに基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権、知的所有権等一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar.Incに帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。

広告企画・制作=モーニングスター株式会社

Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.