Fund of the Year 2011


評価基準日:2011年12月31日 ルーキーファンド賞(対象ファンド:402本)
モーニングスター・類似ファンド分類:バランス
ベンチマーク:ベンチマークは東証株価指数(TOPIX)、MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイインデックス)(円換算ベース)、MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)、NOMURA−BPI総合、シティグループ世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)、JPモルガンGBI‐EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)、東証REIT指数(配当込み)およびS&P先進国REIT(除く日本、配当込み、円換算ベース)を12.5%ずつ組み合わせた合成指数

eMAXISバランス(8資産均等型)
設定・運用:三菱UFJ投信株式会社

当ファンドは、各マザーファンドへの投資を通じて、日本を含む世界各国の株式(DR(預託証書)を含む。)、公社債およびリート(不動産投資信託)など8資産に幅広く分散投資を行う。基本資産配分比率は国内株式12.5%、先進国株式12.5%、新興国株式12.5%、国内債券12.5%、先進国債券12.5%、新興国債券12.5%、国内不動産リート12.5%と先進国不動産リート12.5%とし、各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する運用成果を目指す。年1回(1月26日)決算。


選考ポイント

新興国を含む国内外の8資産均等投資が低コストで可能に

当ファンドは、新興国を含む国内外の8資産に均等に分散投資を行うバランスファンドである。マザーファンドは全てパッシブファンドとなっており、コストを低く抑えた運用を実現している。当ファンドの信託報酬等合計(税込み)は0.53%と、類似ファンド分類平均を0.85%下回り、類似ファンド分類内の118本中、最も低くなっている。また、当ファンドは購入時の手数料も無料のノーロード・ファンドとなる。低コストで幅広い資産への長期投資を可能とするファンドである。

類似ファンド分類内では、分散投資の対象を先進国の3から6資産と定めているファンドが多く、当ファンドのように新興国債券や新興国株式を含めて8資産に分散投資をするファンドは数少ない。また、各資産のパッシブファンドへ均等に投資するため、資産構成の見直しなどのプロセスを軽減されるとともに透明性の高い運用を実現している。