モーニングスターアワード2014

Fund of the Year 2014トップページ債券型部門 > 短期豪ドル債オープン(毎月分配型)
モーニングスター アワード2014

評価基準日:2014年12月31日 債券型 部門(対象ファンド:892本)
モーニングスター・類似ファンド分類:国際債券・短期債(F) ベンチマーク:なし

優秀ファンド賞

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)

設定・運用:大和住銀投信投資顧問株式会社

投資方針

 ファミリーファンド方式で運用され、マザーファンドを通じて実質的に高格付けの豪ドル建ての公社債及び短期金融商品に投資する。投資対象は原則として取得時に長期格付けでA格以上、短期格付けでA1/P1以上の債券。ファンド全体のデュレーションは1年未満とする。金利要因及び債券種別の選択などを収益の源泉とする。毎月(7日)決算。

選定ポイント

リターン、シャープレシオともに類似ファンド分類上回る、残高はトップ
 2014年のトータルリターンは7.88%となり、類似ファンド分類平均を1.79%上回った。対円での豪ドルの上昇がプラスに寄与したほか、短期金利の上昇を受けた変動利付債の利息収入の増加や信用スプレッドの縮小を受けた社債価格の上昇がプラスに寄与した。類似ファンド分類内では、欧州の短期債に投資するファンドや新興国の短期債に投資するファンドなどに対して優位となった。運用効率も高く、同期間のシャープレシオは1.00と、類似ファンド分類を0.26上回り、同分類内で上位20%となった。
 2014年12月末時点の純資産残高は6,091億円となり、類似ファンド分類内のみならず、「国際債券・オセアニア(為替ヘッジなし)」に属するいずれのファンドよりも大きく、豪州債券に投資する代表的なファンドとなっている。
暦年では類似ファンド分類に対して8勝2敗と大きく勝ち越し、レーティングは上位
 過去10年の暦年のトータルリターンを見ると、8年間で類似ファンド分類平均を上回り、そのうち4年間は同分類内で第1位の運用成績となっている。また、暦年のシャープレシオを見ると、過去10年でトータルリターンがプラスとなった8年間のうち6年間で類似ファンド分類平均を上回っており、長期でもリスクを抑えながら高いリターンを達成している。モーニングスターレーティングの推移を見ると、2014年12月末までの54カ月すべてで4ツ星以上を維持している。
 類似ファンド分類のうち、10年以上の運用実績を持つ豪州の短期債ファンドは当ファンドのみとなる。ポートフォリオの最終利回り(2014年12月末時点)は3.00%と、10年以上の運用実績がある米国や欧州の短期債ファンドに比べて相対的に高く、高水準の利息収入が長期で安定したパフォーマンスを実現している。
経験豊富なファンドマネジャーが設定来で担当、過去に3度の受賞実績
 当ファンドはチーム運用制を採用しており、大和住銀投信投資顧問の債券運用部外国債券運用グループが運用する。主担当ファンドマネジャーの運用・調査経験年数は21年と経験豊富である。また、当ファンドを設定来で担当していることから、運用の一貫性は高い。
 調査体制については、ファンドマネジャー自らが調査を行うほか、経済調査部やクレジット調査部との連携により、多角的な視点から分析を行っている。また、ファンドマネジャーは同社のロンドン現地法人など海外拠点と随時、意見交換をしており、グローバルな観点からマクロ経済・市場環境の分析を行うことが可能である。
 なお、当ファンドは2010 年に「ファンド オブ ザ イヤー」の最優秀ファンド賞、2012年、2013年に優秀ファンド賞を受賞しており、今回で4度目の受賞となる。