iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)取扱商品・手数料の徹底比較!3つのポイントで金融機関をえらぶ 金融機関比較ガイド iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)取扱商品・手数料の徹底比較!3つのポイントで金融機関をえらぶ 金融機関比較ガイド
iDeCo加入可能診断ツール 「iDeCo(イデコ)」で自分年金をつくる 特別インタビュー「「iDeCo」は市場のニューパラダイムにぴったりな資産形成手段」 特別対談 月5000円から自分で育てる自分の年金、iDeCoの魅力を広く国民に伝えたい いよいよ始まる!iDeCo(個人型確定拠出年金)セミナー
iDeCo加入可能診断ツール 「iDeCo(イデコ)」で自分年金をつくる 特別インタビュー「「iDeCo」は市場のニューパラダイムにぴったりな資産形成手段」 特別対談 月5000円から自分で育てる自分の年金、iDeCoの魅力を広く国民に伝えたい いよいよ始まる!iDeCo(個人型確定拠出年金)セミナー

iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)は、公的年金だけでは不足する老後の生活資金を、自分で作るために用意された制度です。
拠出時・運用時・受取時の3段階での税制優遇があり、最も有利に運用できる資産形成手段になっています。
iDeCoの毎月の掛金は、5,000円以上1,000円単位。無理のない金額で老後への備えがスタートできます。積み立ては預貯金でも大丈夫。
投資信託など元本が保証されていない商品での運用は、毎月・長期・分散投資ができるため元本割れリスクを大幅に低減、投資タイミングを計る必要もありません。

iDeCo(個人型確定拠出年金)を知る

最新情報

資産管理コラム

iDeCo 最新ニュース

学ぶ・シミュレーション

 iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)での資産形成をより具体的にイメージするためのツールを用意しました。

 「金融電卓」は、退職までに用意したい目標金額を実現するため、必要な掛金と利回りを計算できます。また、退職時に貯まった資金を運用しながら取り崩す時の受取期間なども計算できます。

 「ライフプランシミュレーション」は、年齢や世帯構成、年収などを入力することによって、生涯の家計の収支を計算します。資産運用の意味をイメージしましょう。

 「年金を学ぶ」では、公的年金制度や確定拠出年金について学びます。「用語集」は、年金や資産運用について良く使われる専門用語をわかりやすく解説しました。

「iDeCo」で自分年金をつくる

「iDeCo」で自分年金をつくる

2017年1月より、原則として現役世代の日本人全員がiDeCo(個人型確定拠出年金)に加入できるようになりました。将来国から支給される年金は、当てにできません。そのため、老後に向けて自助努力で資産形成をする必要性は、確実に増しているのです。 また、「拠出時」「運用時」「受給時」でかなりの節税になるので、この制度を利用しない手はありません。
本書は、iDeCoの基本、さらにどの金融機関や運用商品を選ぶべきか、実際の商品名を挙げて解説します。 長生きのリスクを怖れず安心して暮らすための、実践的な一冊!

【目次】

  • はじめに
  • 序 章…iDeCoを始めるかどうかで、老後が大きく変わる
  • 第1章…合法的に誰でも節税できる!
  • 第2章…最低限押さえるべき「運用商品選びの基本2つ」
  • 第3章…iDeCoの仕組みと手続き
  • 第4章…絶対に失敗しない「金融機関」の選び方
  • 第5章…有力金融機関別・iDeCoポートフォリオ
  • おわりに…iDeCoを入口に、「預貯金だけ」から卒業を
  • 巻末付録

iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)は、公的年金だけでは不足する老後の生活資金を、自分で作るために用意された制度です。
毎月5,000円から1,000円単位で、自分の可能な範囲で年金資産を積み立てます。
積み立てる資産は、預貯金や投資信託から自分で選び、その運用次第で、年金としての受取額が変わります。