fund_beginer fund_search fund_look



かんたん公的年金講座

公的年金の受給パターン

受取れる年齢は生年月日と性別によって違う

 老齢年金の受給は原則として65歳から。生年月日によってはそれ以前から特別支給の老齢厚生年金を受取れますが、受給開始は徐々に遅れていき、男性で昭和36年4月2日以降、女性で昭和41年4月2日以降生まれの方は65歳からしか受取れません。



■60歳代前半の特別支給の老齢厚生年金
 「定額部分」と「報酬比例部分」を合計した額を受取れます。
60歳代前半の特別支給の老齢厚生年金
※64歳までは「特別支給」の名目で受取り、65歳以降は本来の老齢基礎年金、老齢厚生年金の名目で受取ります。




■あなたの受給パターンを確認しましょう
 生年月日が新しくなるにつれ「定額部分」の支給開始が遅れていき、「報酬比例部分」のみの給付に。そして「報酬比例部分」の支給開始も徐々に遅れていきます。
あなたの受給パターンを確認しましょう

ココを押さえておこう!


■生年月日により、受給開始年齢が違う




前へ
次へ