fund_beginer fund_search fund_look

新興国ニュース



<新興国eye>ワールドカップが始まってわかったブラジルと日本の姿(1)

2014-06-25 12:46:00.0

 やはりブラジルはブラジルであった。6月12日サンパウロにおいて、サッカーのワールドカップ・ブラジル大会が始まったが、開催前にデモやストライキに打ち消されて盛り上がらないように見えていたのが嘘のように、ブラジル中が一気にヒートアップした。ブラジルの試合のある日は、みんな一斉に仕事を止め、老若男女、ほとんどすべての人がブラジルのユニフォームを着て、ブブゼラなどを鳴らしながら、パブリックビューイング会場やオープンバーなど、みんなで一緒に観戦できる場所に三々五々集まり、試合が始まる前からお祭り気分になっていた。

 ワールドカップが近づくと街の至るところで売り始めたブラジル代表のユニフォームは、てっきり観光客向けに販売しているものだと思っていたが、実はブラジル人向けがメインであることも、ブラジルの初戦の日にわかった。そして、日ごろ車だらけで渋滞のひどいサンパウロやリオの主要道路はブラジル戦が始まるとほとんど車が走らず、ガラガラになったのには驚いた。やはりブラジルにとって、サッカーは国技以上のものであった。

 局地的にはデモも行われているが、昨年のコンフェデレーションズカップの時のように、連鎖的に全国各地にうねりを打って広がりを見せたようなものではなく、一部の先鋭化した人たちが暴徒化しているだけで、昨年デモに参加した人のほとんどは今、ブラジル・セレソン(代表)の活躍を一体となって応援している。政治家であれば、これを見ればやはり、サッカーをはじめとした人気スポーツを政治に使いたくなるのは無理もないとも思ってしまう。

 しかし、このワールドカップ期間中の6月19日に行われたCNI/Ibop(ブラジル世論調査・統計機関)の調査によると、ジルマ・ルセフ労働党政権の支持率が、今年3月の36%から、昨年のデモが多発した時と同じ31%まで下がっていることがわかった。

 ワールドカップ後の今年の一大イベントといえば、やはり10月の大統領選挙であり、もしブラジル代表がワールドカップで早めに敗退するようなことがあれば、再び不穏な空気が流れ、大規模なデモが起こらないとも限らない。逆に、もしブラジル代表が優勝をすれば、国を挙げた祝賀の高揚で大統領選まで引っ張れるかもしれない。

 どちらにしても、ワールドカップ、オリンピックというスポーツを使って、政権を維持し、大統領選を勝ち抜こうと思ったであろう労働党は、実はそれが両刃の剣であったことに気づいたのではないだろうか。

(2)につづく

【筆者:株式会社クォンタム/輿石信男】
株式会社クォンタムは91年より20年以上、日本とブラジルに関するマーケティングおよびビジネスコンサルティングを手掛ける。市場調査、市場視察のプランニング、フィージビリティスタディ、進出戦略・事業計画の策定から、現地代理店開拓、会社設立、販促活動、工場用地選定、工場建設・立ち上げ支援まで、現地に密着したコンサルテーションには定評がある。11年からはJTB法人東京と組んでブラジルビジネス情報センター(BRABIC)を立ち上げ、ブラジルに関する正確な情報提供とよりきめ細かい進出支援を行なっている。

◎当該記事は外部執筆者により作成されたものです。記事は執筆者が信頼できると判断したデータなどにより作成いたしましたが、その正確性などについて保証するものではありません。

提供:モーニングスター社

今、見られている記事

    関連ニュース

    Recommended bylogly