fund_beginer fund_search fund_look



<話題>「申酉騒ぐ」の「酉」年相場は4勝1敗、平均騰落率15.0%上昇

2016-12-26 12:01:00.0

(05/26 15:00) 現在値
鳥越製粉 813 -1
日本たばこ産業 4,172 +3
鳥貴族 2,688 -5
鳥居薬品 2,759 -63
酉島製作所 1,064 -19

 17年は、相場格言で「申酉(さるとり)騒ぐ」の酉年。申年の16年は、英国が国民投票でEU(欧州連合)からの離脱を決め、米国ではTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)からの離脱をなど訴えたトランプ氏が次期大統領に決定した。双方ともに事前予想を覆す結果で、株式市場が大揺れとなり、まさに「騒ぐ年」となった。

 17年の酉年は、十干十二支で「丁酉(ひのととり)」の年。東京証券取引所が戦後に再開されて以降、「酉」年の日経平均株価の騰落率をみると、1957年が13.6%の下落、1969年は37.6%の上昇、1981年は7.9%の上昇、1993年は2.9%の上昇、2005年は40.2%の上昇。相場の上昇を勝ち、下落を負けとする勝敗では4勝1敗、平均騰落率は15.0%の上昇となっている。干支別でみると、「辰」を先頭に「子」と続き、「酉」は5番目。平均の上昇率が11.0%となっていることから「酉」は平均以上の上昇が期待される。

 60年前の1957年の「丁酉」は、聖徳太子の5000円紙幣と100円硬貨が発行され、ダイエー(現在はイオン<8267>の子会社)の1号店がオープン。国産ロケット1号機「カッパー4c型」の打ち上げ成功、茨城県東海村の原子力研究所で日本最初の原子炉「JRR−1」が臨界に達している。東京通信工業(現ソニー<6758>)が当時世界最小となるトランジスタラジオを発売した。

 1969年は、米アポロ11号が人類初の月面友人着陸に成功。宇宙開発事業団(現JAXA)が発足した。日本専売公社(現JT<2914>)がチャコールフィルター使用の「セブンスター」を発売。住友銀行(現三井住友<8316>傘下の三井住友銀行)がATM(現金自動預け払い機)を設置した。

 「酉」に関連する銘柄では、酉島製<6363>がある。「鳥」では、鳥越粉<2009>、鳥貴族<3193>、鳥居薬<4551>、佐鳥電機<7420>、鳥羽洋行<7472>、鳥取銀行<8383>など。

提供:モーニングスター社

今、見られている記事