文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
新興国情報

新興国がF1スポンサーで存在感、世界長者番付ナンバーワンのCEOが率いる企業も
2011/05/06

前回、自動車レースの世界選手権シリーズであるF1が近年中東・アジアの新興国での開催が多くなってきていることを紹介しました。

今回は同じF1というスポーツに対してスポンサー(協賛)という形で進出する新興国企業について取り上げます。

F1のレースはドライバーの技量だけでなく、車の性能も重要な要素であるため、車の性能を高める技術開発のために年間で何10億円から数100億円という莫大な資金をF1チームは使っています。この莫大な資金を賄うのがスポンサー企業になります。スポンサーとなった企業はF1マシンに自社のブランドを掲載することで世界中のテレビで自社のブランドを認知してもらったり、F1チームと共同で自社製品のプロモーション活動などを行ったりして、自社の売り上げを伸ばしています。

スポンサー企業として従来資金を出していたのは、フィリップ・モリス、JT(日本たばこ産業)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコなどの「たばこ」産業でした。

しかし、世界的なたばこ広告の規制の中、F1の世界も例外ではなく現在ではたばこブランドの広告は禁止され、それに代わるスポンサー企業が必要とされてきました。

2008年のリーマンショックによって一部のトップチームを除いてF1チームはスポンサーを獲得することに苦労するようになりましたが、そんな中でスポンサーとして進出してきたのが新興国の企業になります。

具体的には東南アジア最大のLCC(格安航空会社)である「エアアジア」、インドでビール、航空会社などを持つ「キングフィッシャーグループ」、インドの自動車メーカー「タタ自動車」、メキシコの通信大手「テルメックス」、ベネズエラの国営石油会社「PDVSA」、マレーシアの国営石油会社「ペトロナス」、アブダビの航空会社「エティハド航空」などです。

このうち2011年からスポンサーとなった企業の1つとしてテルメックスがあるのですが、この企業のCEO(最高経営責任者)であるカルロス・スリム氏は今年3月に米経済誌「フォーブス」が発表した世界長者番付でビル・ゲイツやウォーレン・バフェットを抑えてトップになった人物。テルメックス以外にもメキシコの携帯電話会社のアメリカ・モビルなども所有しておりメキシコの通信・電話関連のドンともいえます。

かつて日本のバブル時代、F1ブームと相まってエプソン、キヤノン、パナソニック、東芝、三井物産、集英社など今では考えられないほど日本の多くの企業がF1チームのスポンサーとなりました。

それが今では殆ど日本企業のスポンサーは見ることがなくなり、代わって上で挙げたような新興国企業の露出が増えてきたというのは世界経済の勢いをそのまま反映しているかのようです。

(参考)

*テルメックスが今年スポンサーとなったF1チームには日本人のF1ドライバーである小林可夢偉(カムイ)選手がエースドライバーとして在籍しています。

*新興国企業以外にもFX(外国為替証拠金取引)事業を営むFXPROやMIG BANKなどもF1チームのスポンサーとなっています。

(しむしむ)

ベトナム株・BRICsプラス11投資情報へのリンク

バックナンバー

閉じる

ページの先頭へ戻る