文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
新興国情報

カンボジアが初の「経済センサス」発表、日本政府が調査支援
2011/08/15

8日にカンボジア2011年経済センサス速報結果の発表式典がプノンペン・カンボジアーナホテルにて開催されました。チャイタン計画大臣、川村裕日本大使館公使ほか関係者200名以上が出席しました。カンボジア2011年経済センサスは、日本政府の支援を受けて、2011年3月1日現在のカンボジアの企業を全数調査したものです。日本は、カンボジア統計局を継続的に支援してきており、経済センサスについては2009年から協力して準備を進めてきました。技術協力に加えて、資金面でも278万ドル(約2億2,000万円)を供与しています。

今年3月1日から31日にかけて4,030名の調査員の方が、それこそ屋台や道端のレストランまで含めて実地調査を行ったもので、大変貴重なデータです。調査では、業務内容や従業員数だけでなく、売り上げや営業費用などの財務状況についても聞いています。これらの詳細情報は最終報告書で発表される予定です。要約版が2012年3月、詳細版第1巻が2012年9月、第2巻が2013年3月にそれぞれ公表予定です。この他、ストリートビジネスや女性のビジネスといったテーマ別の分析報告書も出される予定です。

カンボジア経済センサス速報結果公表式典。様々なマップやグラフが並んでいました。

速報結果の概要としては、カンボジアの事業所総数は、50万3,008事業所となっています。このうち首都プノンペンには、19%を占める9万5,467事業所があります。他国と比べてみると、日本は620万事業所、インドネシアは227万事業所、ラオスは20万9,000事業所となっています。

面積当たりの事業所密度は、カンボジア平均では、2.8事業所/平方キロですが、多くの事業所が集中するプノンペンでは、158.3事業所/平方キロとなっています。人口当たりの事業所数は、平均で34.6事業所/1,000人、プノンペンでは54.7事業所/1,000人となっています。他国と比べてみると、日本は48.4事業所/1,000人、インドネシアは102.3事業所/1,000人、ラオスは37.4事業所/1,000人となっています。

規模別では、従業員10人以下が49万3,117事業所(98.0%)、11人〜50人が8,476事業所(1.7%)、51人〜100人が779事業所(0.2%)、101人以上が636事業所(0.1%)となっています。101人以上の大規模事業所のうち、54.7%を占める348事業所がプノンペンに集中しています。

経済センサスは、カンボジアでは初めての調査であり、今後の経済統計の基礎的データとして大変有用なものになることが期待されます。

※日本の総務省統計局のサイト「カンボジア2011年経済センサス速報結果

(鈴木 博)

鈴木 博サイトへのリンク

バックナンバー

閉じる

ページの先頭へ戻る