文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
新興国情報

ドバイの世界最高層ビル、インド人の成功のシンボルに!
2011/03/03

ドバイの世界最高層ビル、ブルジュ・ハリファ。撮影当時(08年5月)は建設中

UAE(アラブ首長国連邦)のドバイに昨年OPENした世界最高層ビル「ブルジュ・ハリファ」内の住宅購入者の国別内訳は、インド人が2,900万ディルハム(約6億7,000万円)でトップとなった。

以下、現地のUAE人が964万ディルハム(2億2,000万円)、オーストラリア人460万ディルハム(約1億1,000万円)、オマーン人420万ディルハム(約1億円)、イラン人269万ディルハム(約6,200万円)、中国人212万ディルハム(約4,900万円)と続く(情報ソース:Reidin.com)。

インド人の突出振りが目立つ。

2010年11月には、インドのボリウッド人気女優のシルパ・シェティが、結婚の祝いに旦那からブルジュ・ハリファのアパートメントを贈られたことが話題となった。

その他、アブダビのニュー・メディカル・センター・グループCEO(最高経営責任者)兼業務執行取締役のB.R.シェティ氏(インド人)は、ブルジュ・ハリファの100階全フロアを買い取ったほか、イラクで建設事業などを展開するドナウ・グループのリズワン・サジャン会長(インド人)もブルジュ・ハリファ内のアパートメントを購入している。

ブルジュ・ハリファ内の住居スペースには4つのプール、居住者専用のラウンジ、ジムなどが完備しているほか、122階には世界で最も高い位置にあるレストラン「アトモスフィア」もOPENした。

きょうも成功したインドの富裕層がブルジュ・ハリファから見えるドバイの100万ドルの夜景を肴(さかな)に高価なワインと洒落込んでいることだろう。

(マウリーシ・ハーリド・ビン・アルワリード)

マウリーシ・ハーリド・ビン・アルワリードサイトへのリンク

バックナンバー

閉じる

ページの先頭へ戻る