一覧はこちら耳より情報

NISAとは?

NISA(日本版ISA:少額投資非課税制度)とは?

NISAは、2014年1月から導入される新しい証券優遇税制です。
英国で普及しているISA(Individual Savings Account(個人貯蓄口座))を参考にしています。

当初、2012年1月から、上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等に対する税率が10%(軽減税率)から20%に引き上げられることになっていました。ただ、その後の税制改正において、軽減税率が2013年12月まで2年間延長されたことに伴い、NISAの開始時期も2 年間延期されました。

2013年1月から始まった復興特別所得税(所得税×2.1%)を考慮すると、現在、株式や投資信託から得られる収益には10.147%(所得税7.147%+住民税3%)の軽減税率が適用されていますが、2013年12月末をもって廃止となり、2014年1月からは20.315%(所得税15.315%+住民税5%)に戻ります。この軽減税率適用の終了に伴い、2014年1月からNISAが新たな証券優遇税制としてスタートします。

今後の証券税制イメージ

今後の証券税制イメージ

出所 日本証券業協会の資料より、モーニングスター作成

NISAの概要

NISAを利用できる人は? 口座を開設する年の1月1日において20歳以上の居住者が対象です。
投資ができる期間は? 2014年から2023年の10年間です。
非課税で投資ができる期間は? 原則として5年間です。
投資できる金額は? 1年間の上限は100万円、最大で500万円(100万円×5年間)です。
対象商品は? 上場株式と公募株式投資信託です。
非課税の対象は? 配当と譲渡益です。

出所 「平成25年度税制改正大綱」より、モーニングスター作成

制度概要のイメージ

制度概要のイメージ

出所 「平成25年度税制改正大綱」より、モーニングスター作成

詳細は「疑問解消!NISAに関するQ&A」へ

特定口座・確定拠出年金・NISAの比較

確定拠出年金とNISAは非課税という点では共通しますが、中途換金した資金を引き出せるかどうかで異なります。
なお、NISAでは、一旦引き出してしまうと、再度、非課税枠を利用することはできない点には注意が必要です。

  特定口座 確定拠出年金 NISA
運用益への課税 課税 非課税 非課税
(期間、期限あり)
投資額 制限なし 制限あり
(毎月の拠出限度額あり)
制限あり
(年100万円)
中途換金・引出 可能 不可
(60歳まで不可)
可能
(ただし、売却後の非課税枠の再利用不可)
損益通算 可能 不可 不可
口座数 複数 1口座 1口座

出所 モーニングスター作成

おすすめコンテンツ

ジュニアNISAを活用しよう!2016年1月より制度開始

 

ジュニアNISAとは、日本に居住する未成年者(0〜19歳)が利用・・・

「大きく負けない運用」で非課税投資枠を使い切る!

NISAでは「損失」を避ける運用がセオリーになります。・・・

個人株主数が過去最高、NISAも寄与

東京証券取引所は20日、15年度の全国4証券取引所・・・

私たちはみなさまの資産運用・資産形成を応援しています

  • SBI証券
  • 大和証券
  • 野村アセットマネジメント
  • 野村證券
  • フィデリティ証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、弊社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用、配布することを禁じます。