株式ニュース



DWTI、新規の緑内障治療剤の安全性確認で、製薬会社へのアプローチ開始へ

2010/01/15 17:07

 バイオベンチャーのデ・ウエスタン・セラピテクス研究所 <4576> の15日は、50円ストップ高配分の246円で取引を終了。同日の累計出来高は120万株に迫った。
 同社は14日引け後、現在開発を進めているプロテインキナーゼ阻害剤開発プロジェクトの新規の緑内障治療剤について、化合物の最適化が完了したと発表。薬効薬理試験、スクリーニング毒性試験などの研究開発活動により、当該化合物の強い眼圧降下作用と安全性を確認した。今後は、同社技術(ドラッグ・ウエスタン法)などを活用し、当該化合物の生体内における作用メカニズムの解明を進めるとともに、製薬会社などへライセンス活動を行うとした。
提供:モーニングスター社