ファンドニュース



サイバーマンデー売上過去最高、“5ツ星”消費関連ETFに熱視線

2018/11/28 15:18

 米国の消費関連セクターへの注目が高まっている。アマゾン・ドット・コムは27日、ネット販売がピークとなる26日のサイバーマンデーに受け付けた注文数が過去最多になったと発表した。同社によると、年末商戦が始まる22日の感謝祭からサイバーマンデーまでの5日間に記録した注文数も過去最多となった。

 また、調査会社アドビ・アナリティクスも26日、米小売業者のサイバーマンデーにおける売上が79億ドル(約8930億円)と前年に比べ19.7%増加し、過去最高となる見通しと発表しており、年末商戦は出足好調となっている。

 米国の消費関連セクターについては10月以降の株安を受けて割安度が強まってきた点も注目される。米モーニングスターが公表する「マーケット・フェア・バリュー(市場適正価値)」で見ると、消費循環セクターの同指標は23日時点で0.91まで低下している。同指標は1.00が適正水準で、1.00を上回るほど割高、下回るほど割安であることを意味する。15年以降で同セクターは概ね0.90前後が底となっており、現状は割安さが意識される水準となっている。

 米国ではネット販売に強みを持つ銘柄を主要投資対象とするユニークなETF(上場投資信託)が近年相次ぎ登場しており、投資家の関心の高さがうかがえる。代表的なETF一つとなる「アンプリファイ・オンライン・リテールETF」(ティッカー:IBUY)は世界の株式を対象として、売上の70%以上がネット販売等から得られる銘柄に投資するETFだ。IBUY含め、ネット販売関連ETFの市場価格は27日に軒並み上昇しており、良好な結果となったサイバーマンデーをきっかけに投資家の期待が一段と高まっている。

 一方、日本国内で購入可能な米国上場の消費関連ETFとしては、「バンガード・米国一般消費財・サービス・セクター」(ティッカー:VCR)、「一般消費財セレクト・セクター SPDR」(ティッカー:XLY)、「ヴァンエック ベクトル小売」(ティッカー:RTH)などがある。

 参考としてアマゾン・ドット・コムの組入比率を見ると、VCRが23.2%(9月末時点)、XLYが20.6%(11月26日時点)、RTHが17.4%(10月末時点)といずれも高位であり、今後も同社を中心とした消費関連株が物色される際には関心が高まりそうだ。いずれのETFも10月末時点でのモーニングスターレーティングは5ツ星と、パフォーマンスは良好となっている。
提供:モーニングスター社