株式ニュース



キャンバスが20%超の値上がりでストップ高、マザーズ値上がり率第2位に

2010/01/21 12:41

 バイオベンチャーのキャンバス <4575> が急騰。60円高の1518円で寄り付いたあと、買い人気が集中し300円ストップ高の1758円まで買われている。午後零時30分時点では、ストップ高カイ気配となっており、差し引きで2万株超の買い物。マザーズ市場の値上がり率で第2位になっている。
 21日付株式新聞の新興市場面で取り上げられている。同紙によると、がん細胞が成長する過程で必ず通過するG2チェックポイントにおいて、その通過を阻むことでがん細胞を死滅に追い込む画期的な薬剤を開発している。新薬候補は武田薬品工業 <4502> と共同で開発中の「CBP501」で、既存製剤「シスプラチン」との併用案件が先ごろ第2相臨床試験に入り、「開発が順調に進んでいる」(IR担当)という。
 株価は、新規上場時のロックアップ条項が外れ、売り圧力が意識されていたと指摘。独自技術に対する業界内の評価が高い銘柄で、公開価格2100円を割り込んで推移する株価は、実力が過小評価されているとした。
提供:モーニングスター社