株式ニュース



日通、海上混載パッケージ商品投入、中国東北地区へニーズ開拓へ向け

2010/02/23 07:39

 日本通運 <9062> が大連向け海上混載サービスに、中国東北地区の主要都市向けドアデリバリー・サービスを加えた「どあコン」シリーズを3月1日から開始すると発表した。東京、横浜、大阪、神戸の各CFS(コンテナ・フライト・ステーション)で受けた通関済み貨物を、大連に到着後、混載トラック便に積み替えて、東北地区の主要都市(瀋陽、長春、ハルピンなど)の最終配達先まで輸送する。従来は大連からの費用は現地で見積りを行っていたが、着地側費用を含んだ円建てのわかりやすいパッケージ料金を設定、トータル物流コストの把握が図れるとしている。今回のパッケージ商品を、海上混載サービスに加えることで、増加が予想される中国東北地区への輸送ニーズの獲得を目指す。
 22日終値は前週末比8円高の375円。
提供:モーニングスター社