株式ニュース



トッキとキヤノンマシナリーが一時急騰、キヤノンの子会社化発表に反応

2010/06/29 16:55

 真空関連装置を手掛けるトッキ <9813> の29日は、一時40円高の418円、トナーカートリッジ製造装置などを手掛けるキヤノンマシナリー <6344> は、一時109円高の2119円と急騰した。
 28日引け後に、両社をキヤノン <7751> が株式交換により完全子会社化すると発表、両社株とも交換比率にサヤ寄せする動きとなっている。交換比率はトッキ1株に対しキヤノン株式0.12株、キヤノンマシナリー1株につき、キヤノン株式0.61株が割り当てられる。トッキ、キヤノンマシナリーとも売買最終日が9月27日で、同28日にジャスダック、大証2部を上場廃止となる見込み。株式交換の効力発生日は10月1日を予定している。
 後場は全体相場の急激な軟化から利食い売りも入り、終値はトッキが20円高の398円、キヤノンマシナリーが前日比変わらずの2010円となった。
提供:モーニングスター社