株式ニュース



KNTは上場来安値、債務超過状態となり、上場維持に向け抜本的対策必要か

2010/11/10 16:47

 近畿日本ツーリスト(KNT) <9726> が急落。一時14円安の57円まで売られ、10月15日に付けた上場来安値65円を更新した。

 9日引け後、10年12月期第3四半期(1−9月)の連結決算を発表。営業収益452億5700万円(前年同期比0.6%減)、営業赤字22億5200万円(前年同期は55億3400万円の赤字)、最終赤字44億2800万円(同95億5400万円の赤字)だった。今回の決算で、純資産が17億7100万円の赤字で債務超過の状態となり、嫌気されている。

 東証の上場廃止規定は、「上場会社がその事業年度の末日に債務超過の状態である場合において、1年以内に債務超過の状態でなくならなかったとき」としている。上場維持に向け、抜本的な対策を求められる可能性もありそうだ。

 10日終値は8円安の63円。
提供:モーニングスター社