株式ニュース



コンビ、10日はストップ高、MBO価格にサヤ寄せの動き

2010/11/11 07:40

 ベビー用品大手のコンビ <7935> (監理)の10日は、前日比100円の779円でストップ高配分された。買い物を29万500株残している。

 9日引け後、「パインホールディングス」(代表はコンビ社長の松浦弘昌氏)を公開買い付け者としたMBO(経営陣による公開買い付け)を発表。買い付け価格は1株1000円。買い付け価格にさや寄せする格好で急騰していた。

 さらに同業のピジョン <7956> まで連想買いでツレ高推移。引けは前日比114円高の2640円。コンビは株価1000円を目指すことになるが、ピジョンは他に材料がなく、11日以降は不透明で注意が必要だ。

 なお、コンビの買い付け期間は11月10から12月27日まで。買い付け予定数の上限を設けておらず、公開買い付けが成立した場合、コンビは上場廃止となる見通し。
提供:モーニングスター社