株式ニュース



みずほ、系列の信託銀行、証券会社を完全子会社化でグループ力強化へ

2011/03/16 07:41

 みずほフィナンシャルグループ <8411> が15日引け後、みずほ信託銀行 <8404> 、みずほ証券 <8606> 、みずほインベスターズ証券 <8607> を完全子会社化に向けた基本合意書を締結したと発表。完全子会社化により、グループ力の強化を図ることで、「みずほ」の企業価値のさらなる向上を目指す。

 みずほを親会社、みずほ信を子会社とする株式交換、みずほコーポレート銀行を親会社としみずほ証を子会社とする株式交換、みずほ銀行を親会社としミズホイン証を子会社とする株式交換をそれぞれ行う。株式交換比率については、外部専門家の評価、助言などを勘案し関係当局者間で協議して決定する。

 4月下旬に株式交換契約の締結を予定しており、契約が締結された場合、株式交換の効力発生日が9月上旬となり、8月下旬から9月上旬の間にみずほ信、みずほ証、ミズホイン証は上場廃止となる見込み。

 15日終値は、みずほが15円安の130円、みずほ信が9円安の67円、みずほ証が19円安の202円、ミズホイン証が9円安の68円。
提供:モーニングスター社