株式ニュース



明日の日本株の読み筋=週末で動きにくく、こう着感が強そう

2011/07/21 18:14

 22日の東京株式市場は、週末で積極的には動きにくく、こう着感の強い相場になりそうだ。国内では来週から企業決算発表が本格化するため、個別株物色の様相となる可能性が高まっている。業績に対する期待感は根強いうえ、「チャート的にも200日移動平均線が強力なサポート線」(中堅証券)になっており、短期的に全体相場は下値の限られる展開となる見通しだ。

 ただ、米国では債務上限の問題がくすぶっており、ドル・円の動き次第では、下ブレリスクも伴う。「米国民はデフォルトを望んではいない」(別の中堅証券)といい、過度の懸念は不要との見方はあるものの、「ドル・円は債務上限の問題が片づくまで弱含みで推移する」(国内投信)との指摘もある。短期的には狭いレンジでもみ合う相場が続きそうだ。(宮川子平)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社