株式ニュース



新興市場トップピック=エムスリーが一時ストップ高

2011/07/28 08:15

 27日の新興市場は頑強な展開。東京市場全般が米国株安などに押されて軟調に推移するなかで、マザーズ市場では時価総額上位銘柄が逆行した動き。サイバーエージェント <4751> やスカイマーク <9204> が買われ、マザーズ指数は3日続伸となった。指数が上昇したマザーズでも値下がり銘柄数のほうが多く、地合いが利益確定売り優勢ではあるが、中核銘柄への買い意欲の強さが確認できた1日でもあった。ジャスダックでは楽天 <4755> が3日ぶりに反発。直近IPO(新規上場)のモルフォ <3653> も地合いに押されて続落した売り一辺倒にはならず、一定の下値買いが入っていた。東京市場全般が切り返した際には、時価総額上位銘柄とともにモルフォの動きにも注目しておきたい。(小泉健太)

<以下、28日付株式新聞より抜粋>

 医療ポータルサイト「MR君」を手掛けるエムスリー <2413> が一時ストップ高となり、連日の高値更新。株価は2006年1月以来となる70万円台に乗せる場面があった。26日、12年3月期第1四半期(11年4−6月)決算と9月末の1対2株式分割の実施を発表。アナリストの評価も高まっている。

 第1四半期の連結売上高は41億8400万円(前年同期比24.6%増)、経常利益は18億9000万円(同52.3%増)となった。主軸の医療ポータル事業が想定を上回る伸びを示している。「MR君」の売上が加速しており、26日付で投資判断「買い」でリポートを作成したメリルリンチ日本証券では、コアビジネスの拡大と医師、薬剤師向け人材紹介事業など新規ビジネスの立ち上がり、また展開に力を入れている北米事業の拡大を高く評価。目標株価を従来の58万円から69万6000円に引き上げた。

 27日はエムスリー株の上昇に刺激を受ける格好で親会社のソネットエンタテインメント <3789> も堅調に推移した。

提供:モーニングスター社