株式ニュース



<新興国EYE>サムスン−アップル戦争が激化、サムスンがドイツ地裁判決に対して控訴

2011/09/14 16:46

 韓国サムスン電子−米アップルの戦いが熾烈を極めてきた。

 サムスン電子は13日(ドイツ時間)、ドイツ国内でのサムスン電子製タブレット端末の販売禁止を命じたドイツの地裁判決に対して、控訴した。聨合ニュースが伝えている。

 同訴訟では、サムスン電子のタブレット端末「ギャラクシータブ10.1」が「iPad(アイパッド)2」のデザインを侵害していると米アップルが主張。ドイツのデュッセルドルフ地裁が先月、アップルの主張を認め、ドイツ国内での「ギャラクシータブ10.1」の販売・マーケティング活動を禁止する仮処分を決定。その後、今月9日には、サムスン電子の異議申し立てを棄却していた。

 また、サムスン電子はこれとは別に、スマートフォン(多機能携帯電話)技術に関して、アップルに対する3件の特許侵害訴訟をフランスで起こした、という。

 サムスン電子とアップルは、ドイツ、オランダ、米国、アジアなど世界各地で特許権をめぐる訴訟を繰り広げている。

提供:モーニングスター社