株式ニュース



マザーズ指数続落、バイオ株が一斉安=新興市場・4日

2011/10/04 15:14

 マザーズ指数が続落。ユーロ安を嫌気する相場が続いて日経平均株価が年初来安値水準まで調整。新興市場からも資金が流出している。主力銘柄が押しなべて安く、人気だったバイオ株も京大・山中教授のノーベル賞落選を受けて一斉安。タカラバイオ <4974> はストップ安寸前まで売られた。一方で目先調整一巡で直近IPO(新規上場)のKLab <3656> は高い。

提供:モーニングスター社