株式ニュース



<EMeye>ベラルーシ、月内にもユーラシア経済共同体の危機対策基金から2回目の金融支援か

2011/11/10 19:04

 深刻な外貨不足で経済危機に陥っているベラルーシのセルゲイ・ルマス副首相は記者団に対し、今年6月にロシアなど旧ソ連邦6カ国で構成しているユーラシア経済共同体(EAEC)の危機対策基金から11−13年に6回にわたって、計30億ドル(約2340億円)の金融支援を受けることで合意したが、11月中に2回目の4億4000万ドル(約340億円)の金融支援は実行されるとの見通しを明らかにした。ベラルーシの国営ベルタ通信(電子版)が伝えた。

 ただ、同副首相は、EAEC危機対策基金内のトップ人事の問題が長引いているのが懸念材料としながらも、ベラルーシは2回目の金融支援を受けるために必要なすべての要件を満たしているとしている。

 ベラルーシは6月21日に1回目の8億ドル(約620億円)の金融支援を受けており、今年は合計で12億4000万ドル(約970億円)の支援額になる。これらの資金は経常赤字の穴埋めや外貨準備不足の解消に充てられる。

提供:モーニングスター社