株式ニュース



<EMeye>ロシア、ベラルーシと7800億円の原発建設向け融資で合意

2011/11/28 11:25

 ロシアのプーチン首相は前週末の閣議で、ベラルーシに対し、同国初の原子力発電所の建設費用として100億ドル(約7800億円)の融資を行うことを決定した。同首相によると、ベラルーシに対する融資は10年間にわたって使われ、返済期間は15年とすることでベラルーシ政府と合意した。

 両国はすでに3月15日に、原発建設に関する政府間協定に調印している。原子炉は2基で発電出力は計240万キロワット。建設はロシア国営原子力企業ロスアトム傘下の原発建設大手アトムストロイエクスポートが一括して請け負う。1号炉の完成は17年の予定で、2号炉の稼働は翌18年となっている。

提供:モーニングスター社