株式ニュース



<EMeye>ロシア新興財閥プロホロフ氏、来年3月の大統領選出馬へ

2011/12/14 11:27

 ロシアの新興財閥、ミハイル・プロホロフ氏はこのほど、来年3月に実施されるロシア大統領選挙に出馬する意向を明らかにした。

 プロホロフ氏は、ロシア金鉱山最大手ポリウス・ゴールドの共同オーナー兼会長としても知られ、9月には、自ら党首を務めていた反プーチン派の政党「プラボエ・デロ(右派活動)」がプーチン派の新党首の誕生によって事実上、乗っ取られて以来、プーチン首相と激しく衝突している。プロホロフ氏は当初、プラボエ・デロの党首として、12月4日の下院選挙に立候補する計画だったが、同党がプーチン派に乗っ取られたため、断念している。

 同氏が大統領候補に立候補するには、既存7政党のいずれかの推薦か、あるいは、有権者200万人の署名が必要となる。同氏は後者を選ぶとしており、立候補の手続きが済み次第、政策綱領を発表して新政党を立ち上げる考えも明らかにした。

提供:モーニングスター社