株式ニュース



<EMeye>インド、密造酒で167人死亡

2011/12/16 16:46

 インド東部の西ベンガル州で密造酒を飲んだ住民が15日、次々と体調不良を訴え大量の死者を出している。地元紙などによると、死亡したのは大半が南24パルガナス地区の住民。正規酒を買うお金がない人力車の車夫や行商人の貧困層で、13日に違法居酒屋などに立ち寄り密造酒を飲んだようだ。激しい腹痛や胸やけを訴える患者が付近の病院に大量に担ぎ込まれ、16日の段階で死者は167人に上っている。現在も100人近い患者が入院しているという。地元警察は密造酒を販売していたとして南24パルガナス地区に近いサングランプル村などで12名を逮捕した。

 遺体からはメタノールが検出されており、これはアルコール度数を高めるために加えていたと思われる。メタノールは蒸気を吸い込むだけで頭痛、めまい、悪心、吐き気を催すほどの毒性を持つ。西ベンガル州政府は事件を受け密造酒取り締まりを明言しているが、密造酒は500ミリリットル6ルピー(約9円)という安価。しかし正規酒を飲めば、ビールなら下手をすると10倍はかかる。現実的にはとても貧困層に手を出せるものではなく、インドでは当局の取り締まりにもかかわらず同種の事件が続く可能性は高い。

提供:モーニングスター社