株式ニュース



<EMeye>天然ガス大手ガスプロム、黒海経由の送ガス管網建設開始を前倒し

2012/01/23 12:20

 ロシア国営天然ガス大手ガスプロムは前週末の役員会で、ロシア産天然ガスを黒海の海底と中継地のブルガリアを経由して欧州各国に送るガスパイプライン「サウス・ストリーム」の建設を当初計画の13年から12年12月に前倒しで開始することを決めた。

 ガスプロムは10年6月の取締役会で、13年からサウス・ストリームの建設に着手することを決めていた。サウス・ストリームは11年2月までに建設に必要な技術面や経済面の問題を整理したうえで工事に着手し、15年12月の稼働開始を目指している。

 完成すれば中央アジアのトルクメニスタンとロシアで産出される年間630億立方メートルのロシア産天然ガスが黒海を経由して欧州のハブ拠点となるブルガリアに送られ、さらに、イタリアやオーストリア、セルビア、ギリシャ、スロベニア、ハンガリー、クロアチアに輸送される。総延長は約900キロ。

提供:モーニングスター社