株式ニュース



<EMeye>東欧大寒波の死者140人、キエフは83年ぶりの寒さ

2012/02/03 12:40

 1月下旬から続く中・東欧における大寒波の被害が拡大している。特に寒波が厳しいのはウクライナで、国営通信社ウクルインフォルムによると、首都キエフでは2日夜に氷点下25.5度に達し、1929年に記録した同市の最低気温氷点下25.3度を更新した。ウクライナは場所によっては氷点下33度まで下がっているが、ボスニア、ポーランド、ルーマニア、ブルガリアでも氷点下約30度を記録。各地で寒波による犠牲者が出ており、各国政府は対策に乗り出している。

 ウクライナ保健省は1月27日から2月2日の低体温症などによる死者は63人達したことを明らかにした。死者の多くは特定の住居を持たないホームレスで、ウクライナ政府や赤十字は2132カ所の臨時避難所を設置しているが対策が追いついていない。その他、ポーランドでも死者は29人に達し、ルーマニア、ブルガリア、ロシア、スロバキアなど中・東欧での犠牲者はすでに140人を超した。寒波による物流の停滞により各国のスーパーで野菜が不足し始め、交通機関の乱れもあり経済的な影響が明らかに出始めている。

 また、寒波は英、独、仏、伊、スイス、ベルギー、ギリシャ、アルバニア、マケドニア、トルコといった西・南欧に拡大。日本海側を中心に大雪が続いた日本では寒波のピークは越しつつあるが、欧州では来週まで続くとの予報が多い。寒波が続けば、ただでさえ先行き不透明な欧州経済への悪影響は避けられない。もっとも相手が天候では回復を祈るしか現状では方法がなさそうだ。

提供:モーニングスター社