株式ニュース



ポールHD、ソーシャルゲーム市場向け好調持続、5カ国での事業体制構築目指す

2012/09/04 07:33

 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス <3657> は、独立系デバッグ専門企業であるポールトゥウィン株式会社と、ネット「看視」(従来の『監視』ではなく見守りとの意を込める)のアウトソーシングサービスを提供しているピットクルーを傘下に持つ純粋持株会社。昨年10月26日に東証マザーズに新規上場した。

 13年1月期予想の連結経常利益は前期比26.9%増の16億2400万円。期初予想は13億4000万円だったが、6月27日に2億8400万円増額した。9月7日に中間決算の発表を予定している。

 足元は、デバック・検証事業では、パチンコやパチスロなどのアミューズメント機器市場や、ソーシャルゲーム市場向けに好調が続いているほか、子会社を通じ、米国とイギリス、インドでゲームのデバッグ(不具合検出)や翻訳を行うe4eグループ(米国)を子会社化するなど展開力も増している。今後、日本、シンガポール含む5カ国での事業体制の構築を目指す。

 期末一括配当は前期実績に対して16円増配の年54円を予定。予想PER9倍台は割安で見直し余地が大きい。

 3日終値は102円高の2087円。
提供:モーニングスター社