株式ニュース



三菱UFJ、第1四半期連結純利益は48.3%増

2009/08/03 07:50

 三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> は31日引け後、10年3月期第1四半期(09年4−6月)決算を発表。連結純利益は前年同期比48.3%増の759億4000万円となった。
 連結業務粗利益は8734億円と前年同期比721億円増加した。海外貸出収益が増加したほか外貨調達コストが減少。アコムの新規連結化も寄与した。
 与信関係費用は、三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行合算では減少したが、その他の連結子会社での増加やアコム連結化により、1898億円と前年同期比481億円悪化。一方、株式等関係損益は、株式等の償却負担の減少や売却益の増加により、前年同期比403億円改善して302億円の利益計上となった。
 10年3月期連結純利益予想は3000億円を据え置いた。
 31日終値は24円高の566円。
提供:モーニングスター社