株式ニュース



仁丹、「大腸特異崩壊性カプセル」で特許を取得

2012/10/09 07:40

 森下仁丹 <4524> が5日、「大腸特異崩壊性カプセル」に関し特許を取得したと発表した。

 同社では、耐酸性の機能を持たせた多層の皮膜で独自のカプセルを製造し、ビフィズス菌などを胃酸から守る技術を応用。大腸で特異的に崩壊するカプセルを開発し、特許権を取得した。開発したカプセルは、錠剤や他のカプセルに比べサイズが小さく、飲みやすいことが特徴。カプセルに包む内容物を大腸に直接届けることで、新たな高付加価値用途として製品化を進める。

 今回の特許取得による13年3月期業績への影響は軽微としている。

 5日終値は23円高の365円。
提供:モーニングスター社