Fxニュース



24日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、方向感乏しい展開か

2018/07/24 08:39

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円80銭−111円80銭
 24日の東京外国為替市場のドル・円は、方向感の乏しい展開となりそうだ。前日の東京時間は日銀の金融政策修正観測から長期金利が上昇し、ドル売り・円買いが優勢となった。30−31日の日銀金融政策決定会合までは神経質な展開が予想される。トランプ米大統領が今後もドル高けん制発言を繰り返せば為替相場に影響を与えるとの懸念もドル・円の重しになる。

 ただ、前日は米国の長期金利もツレ高しており、足元で日米金利差縮小を見込んだ動きは一服している。きょうのドル・円は下値も限定されそうだ。

<主な経済指標・イベント>
日本:40年国債入札
米国:5月FHFA住宅価格指数、2年国債入札
その他:トルコ中銀金融政策決定会合

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。