Fxニュース



25日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値限定的か

2018/07/25 08:41

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円80銭−111円80銭

 25日の東京外国為替市場のドル・円は、上値の限られた展開とみる。前日はNYダウが上昇し、東京市場もこの流れを引き継いで日経平均が上昇する見通し。外部環境の落ち着きを背景に、ドル・円は底堅い推移が見込まれる。また、きょうは事業会社の決済が集中する「5・10日(ごとおび)」にあたるため、国内輸入企業によるドル買い・円売りが需給面でドル・円を支えそうだ。

 ただ、きょうはトランプ米大統領と欧州委員会のユンケル委員長の会談が予定されているため、積極的な動きはみられないだろう。朝方にドル・円が上昇しても、米国と欧州の通商交渉への警戒感が意識され、次第にこう着感を強めそうだ。30−31日に控える日銀金融政策決定会合も引き続き手控えの一因になり、伸び悩む恐れもある。

<主な経済指標・イベント>
米国:6月新築住宅販売件数、5年国債入札、米EU首脳会談
欧州:独7月Ifo景況感指数
その他:豪4−6月期CPI(消費者物価指数)

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。