Fxニュース



6日の東京外国為替市場=ドル・円、111円台前半で小動き

2018/08/06 15:10

 6日の東京外国為替市場で、ドル・円は111円台前半で小動き。時間外取引で米長期金利が上昇した一方、日経平均株価が高寄り後にマイナス圏へ沈んだため、朝方のドル・円は売り買いが交錯して方向感の乏しい展開となった。日経平均のプラス圏への再浮上や上海総合指数の切り返しなどを受けてややドル買い・円売りが優勢となったが、米中貿易摩擦の激化懸念から積極的な動きは見られず、ドル・円の上値も限られた。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。