Fxニュース



5日の東京外国為替市場=ドル・円、113円台前半でもみ合い

2018/11/05 15:06

 5日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=113円台前半でもみ合い商状。日経平均株価が大幅安となったが、「5・10日(ごとおび)」に伴う国内輸入企業による円売りがドル・円を下支え。上海総合指数の軟調スタートが重しになり、ドル・円の上値は重くなったが、中国の習近平国家主席が「輸入関税を引き下げる」と発言すると上海株とともに日本株も下げ幅を縮小し、ドル・円も持ち直した。米中間選挙を控えて積極的な動きはみられず、上下ともに限られた展開が続いたが、午後になるとややドル買いが優勢となり、ドル・円は113円30銭程度まで上昇する場面があった。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。