Fxニュース



6日の東京外国為替市場=ドル・円は113円台前半で小動き、株高支えに底堅い

2018/11/06 15:03

 6日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=113円台前半で小動きとなっている。米中間選挙の投開票を前に見送りムードが広がり、積極的な売買は手控えられた。きょうの東京時間で数少ない材料といえる豪中銀(RBA)による政策金利発表も市場予想通りの据え置きとなり市場の反応は薄かった。ただ、アジア株がほぼ全面安となるなかで日経平均株価の逆行高を背景にした円売りが支えになり、全体を通してドル・円は底堅く推移した。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。