Fxニュース



13日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、方向感の乏しい展開か

2018/11/13 08:46

ドル・円予想レンジ:1ドル=113円20銭−114円50銭

 13日の東京外国為替市場のドル・円は、方向感の乏しい展開とみる。前日のNYダウが急落したため、東京株式市場でこれを嫌気した売りが出るようだとリスク回避の動きが為替市場にも波及する恐れがある。また、欧州では19年度イタリア予算修正案の欧州委員会への提出期限を迎えることから、欧州情勢にも関心が向かいやすい。イタリア財政への懸念が強まるようだとユーロ売り・円買いが優勢となり、ドル・円の上値も重くなりそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:30年物国債入札
北米:米10月財政収支、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、ブレイナードFRB(米連邦準備制度理事会)理事、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、デイリー米サンフランシスコ連銀総裁が発言
欧州:英10月失業率、19年度イタリア予算修正案の欧州委員会への提出期限

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。