Fxニュース



14日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、113円台前半まで下押しする展開か

2018/11/14 08:46

ドル・円予想レンジ:1ドル=113円20銭−114円20銭

 14日の東京外国為替市場のドル・円は、1ドル=113円台半ばを中心にもみ合いそうだ。

 前日は原油相場の急落を背景にNYダウが下落。休日明けの米債券市場で債券が買われた(米金利低下)こともあり、ドル・円は114円から113円70銭近辺まで軟化した。

 きょう東京時間も日経平均株価がさえない動きとなりそうでドル・円は上値を指向しづらい。また、前月から弱含むとの予想が大勢となっている中国10月小売売上高など中国経済指標が市場予想を下回れば、ドル・円の軟化は一段と進みそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:7−9月期GDP(国内総生産)、9月第3次産業活動指数
米国:10月CPI(消費者物価指数)
その他:中国10月鉱工業生産、中国10月小売売上高、中国1−10月都市部固定資産投資、タイ中銀金融政策決定会合、独7−9月期GDP(国内総生産)

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。