Fxニュース



21日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、株価にらみ神経質な展開か

2018/11/21 08:36

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円00銭−113円20銭

 21日の東京外国為替市場のドル・円は、株式市場をにらみながら神経質な展開か。東京時間は材料難だが、世界経済の減速懸念から前日の米国株が下落しており、きょうの東京市場もリスク回避の動きが優勢となりそう。イタリア財政不安や英国のEU(欧州連合)離脱交渉など欧州も不透明感が強い。スケジュール上でも、米国は感謝祭の祝日(22日)を控え、日本も週末23日は株式市場が休場となるため手掛けにくさがあり、積極的な売り買いは手控えられそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:特になし
北米:米10月耐久財受注額、米11月ミシガン大学消費者信頼感指数、米10月中古住宅販売件数、米10月景気先行指標総合指数

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。