Fxニュース



22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、113円ちょうど近辺で動意薄か

2018/11/22 08:38

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円50銭−113円50銭

 22日の東京外国為替市場のドル・円は、1ドル=113円ちょうど近辺で動意薄の展開とみる。前日のNYダウが上昇したため、リスクオンのドル買い・円売りが下値を支えるが、一部でFRB(米連邦準備制度理事会)が19年春にも利上げサイクルを休止するなどと報じられ、早期利上げ打ち止め観測が浮上しており、ドル・円の上値は限られそう。また、きょうは米国が祝日で株式市場が休場、あすは日本が休場となるため、見送りムードも広がりそうだ。

 なお、午前8時30分発表の10月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品除く)は前年比1.0%上昇と市場予想と一致したが、ドル・円に目立った動きは見られていない。

<主な経済指標・イベント>
国内:特になし
北米:感謝祭の祝日で休場
その他:SARB(南ア準備銀)が政策金利を発表

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。