Fxニュース



11日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、底堅い展開か

2018/12/11 08:44

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円80銭−113円80銭

 11日の東京外国為替市場のドル・円は底堅い展開とみる。前日のNYダウが上昇し、米長期金利もやや上昇したことから、ドル買い・円売りが優勢となりそうだ。また、英国のEU(欧州連合)離脱を巡り、11日に英議会で予定されていたEUからの離脱協定案の議会採決が見送られる見通しとなり、欧州政治の不透明感が強まっている。対ユーロではドルが買われており、この動きがドル・円の支えになりそうだ。円も対ユーロでやや買われたものの、足元では落ち着いている。

<主な経済指標・イベント>
国内:10−12月期法人企業景気予測調査、11月マネーストック、30年物国債入札
北米:米11月卸売物価指数
欧州:英11月失業率、独12月ZEW景況感調査

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。