Fxニュース



12日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、しっかりした展開か

2018/12/12 08:45

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円80銭−113円80銭

 12日の東京外国為替市場のドル・円は、しっかりした展開とみる。米長期金利の上昇を受けて日米金利差の拡大が意識され、ドル買い・円売りが優勢となりそう。中国が米国からの輸入車の関税を引き下げるとの報道もあり、米中通商問題の進展期待も膨らむ。ただ、NY時間はトランプ米大統領の発言などで米国株と同様に乱高下しており、今後も乱調が警戒される。朝方の売り買いが一巡したあとは日本株などをにらみながらの展開となりそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:10月機械受注統計、12月企業物価指数、10月第3次産業活動指数
北米:米11月消費者物価指数、米11月財政収支
欧州:ユーロ圏10月鉱工業生産
その他:ブラジル中銀が政策金利を発表

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。