Fxニュース



12日の東京外国為替市場=ドル・円、113円台半ばで推移

2018/12/12 15:04

 12日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=113円台半ばで推移している。中国ファーウェイCFO(最高財務責任者)の保釈などを受けて米中通商問題に対する懸念がやや和らぐ中、日経平均株価の上昇も追い風になってリスク回避の動きが後退。ドル買い・円売りが先行し、ドル・円は一時113円50銭近辺まで上昇した。ただ、追加の手掛かり材料に乏しく、米国でCPI(消費者物価指数)など重要な経済指標の発表を控えていることもあり、午後は様子見ムードが広がって動意薄となった。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。