Fxニュース



9日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、底堅い展開か

2019/01/09 08:43

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円00銭−109円80銭

 9日の東京外国為替市場のドル・円は、底堅い展開とみる。前日のNYダウの上昇を受けてきょうの日経平均株価も上昇する見込みで、リスクオフ後退の動きが優勢となりそう。一方、FRB(米連邦準備制度理事会)による利上げ停止観測や米政府機関閉鎖の長期化懸念が強まっており、ドルの上値も限定されそう。9日も継続される米中次官級の通商協議に対する関心も高く、朝方の売り買いが一巡したあとは株式市場や債券市場をにらみながらの展開が予想される。関連ニュースに相場が動かされる可能性もある点は注意しておきたい。

<主な経済指標・イベント>
国内:11月毎月勤労統計速報
北米:FOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨(12月18−19日開催分)、米10年物国債入札、カナダ中銀が政策金利を発表
欧州:ユーロ圏11月失業率
その他:豪11月住宅建設許可件数

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。